ニュース
» 2015年03月18日 11時44分 UPDATE

マンガボックス インディーズに新システム、広告収益の50%を作者に還元

読者が「先読み」機能を利用することで、広告収益の50%が作者に還元される。

[宮澤諒,eBook USER]

 ディー・エヌ・エーが提供するマンガアプリ「マンガボックス」は3月17日、作者用PCサイト「マンガボックス インディーズ クリエイターサイト」で、広告収益を作者に還元する新システムを導入した。

マンガボックス インディーズ クリエイターサイト マンガボックス インディーズ クリエイターサイト

 このアップデートにより、作者は自身の作品に「先読み」機能(特定のアプリをインストールしたり、特定のWebサービスの会員登録をすると、通常の公開日より早く作品が読める機能)を設定できるようになった。読者が同機能を利用して作品を読むと、それにより発生する成果報酬型広告の利益の50%が作者に渡るという。そのほか、1日〜14日までの先読み期間の調整や、収益の管理もできるようになった。

 新システムを導入したアプリは、Android版を3月18日に配信開始。iOS版は近日公開予定としている。なお、PC版は先読み機能に対応していない。

290x60_Android_F.gif
290x60_iOS_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる