ニュース
» 2015年03月13日 07時00分 UPDATE

「SUGOI JAPAN Award2015」初代グランプリ決定、世界に発信したい作品はこれだ

2005年1月1日〜2014年7月31日までの約10年間に日本国内で発表された「マンガ」「アニメ」「ラノベ」「エンタメ小説」が対象。

[eBook USER]

 3月12日、読売新聞社が主催する「SUGOI JAPAN」で実施した世界に向けて紹介したいアニメやマンガなどを決める国民投票「SUGOI JAPAN Award2015」の結果が発表された。

 マンガ部門では『進撃の巨人』、アニメ部門では「魔法少女まどか☆マギカ」、ラノベ部門では『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』、エンタメ小説部門では『図書館戦争シリーズ』がそれぞれ1位となった。全4部門の中で最多得票を獲得し、初代グランプリに輝いたのは魔法少女まどか☆マギカ。

 SUGOI JAPAN Award2015は、2005年1月1日〜2014年7月31日までの約10年間に日本国内で発表された「マンガ」「アニメ」「ラノベ」「エンタメ小説」が対象。各ジャンル50作品ほどを一般推薦や有識者推薦が選出し、その後ファンを対象に投票が行われた。投票期間は2014年10月1日〜12月31日。

各部門のトップ10 各部門のトップ10

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる