ニュース
» 2015年03月05日 17時00分 UPDATE

原稿執筆から販売までをサポート、出版社が手掛ける「∞books」

完成した本にはISBNが付与され、出版社であるデザインエッグを通じて出版することもできる。印税は、紙書籍が10%、電子書籍が販売プラットフォームの手数料を差し引いた額の50%。

[eBook USER]

 3月5日、原稿の作成から、Amazonや全国書店に流通するまでをサポートするサービス「∞books(ムゲンブックス)」がスタートした。

 余白や文字組みなど必要な設定は全てシステムが自動的に行うため、ユーザーは文字入力するだけで簡単に原稿の執筆が可能。注文があった冊数だけ印刷するオンデマンド印刷を採用しているため、在庫を抱える心配もなく、本の購入資金の一部を印刷費に充てるため実質無料で出版できるとしている。

書籍作成画面 書籍作成画面

 完成した本にはISBNが付与され、出版社であるデザインエッグを通じて出版することができるほか、本の著作権は著者にあるため他の出版社や電子書店で販売することも可能。デザインエッグを通じて出版した場合の印税は、紙書籍が10%、電子書籍が販売プラットフォームの手数料を差し引いた額の50%となっている。無料の作品を作ることはできず、紙書籍は570円以上、電子書籍は100円以上の価格設定が求められる。

 開発を手掛けたのは、デザインエッグの佐田幸宏さんと安井惇さん、インパスの山下一樹さんの3人。KDDIのベンチャー育成プログラム「KDDI∞Labo」の第七期プログラム採択案件として制作したサービスだという。

 デザインエッグは過去に、PDFファイルをアップロードするだけで本が作れるサービス「MyISBN」をリリースしており、1年半で250タイトルの本を出版。しかし、ユーザーの中にはPDFを作成することに技術的な課題を抱える人もいたため、今回のような文字を打ち込むタイプのサービスを展開するに至ったという。今後も本を書きたいというユーザーのニーズに応え、1万タイトルの出版を目指していくとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる