ニュース
» 2015年02月27日 16時10分 UPDATE

パブリックドメインを使った二次創作――「Book Short」の優秀作がネットで公開中

第4期までの優秀作の中から決定する大賞に選出されれば、ショートフィルム化やラジオ番組化も。

[eBook USER]

 ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF&ASIA)は2月27日、昔話や民話、小説などパブリックドメインを原作とした二次創作の短編小説を募集する「Book Short」第3期の優秀作を発表した。

「Book Short」の第3期優秀作が決定 「Book Short」の第3期優秀作が決定

 第1期〜第4期の期間ごとに優秀作品を選出し、その中から大賞作を決定する。大賞に選ばれると、賞金100万円が贈られるほかショートフィルム化やFM放送局J-WAVE(81.3FM)でラジオ番組化もされる。

 第3期は応募総数537作品の中から45作品が優秀作品として選出、Webサイトでは第1期〜第3期までの優秀作の全文が公開されている。第4期の応募期間は3月31日まで、応募はBook ShortsのWebサイトでのみ受け付けており、郵送や持ち込みは不可となっている。

第3期優秀作品抜粋 (順不同)
作品名 著者 原作 あらすじ
かぐや姫として生きてみる 吉田大介 竹取物語 「そうだ、俺はかぐや姫であった。」ある日、中年男は自分こそがかぐや姫である、という設定で生きることにした。様々なシチュエーションに妄想を膨らませる男。自分は姫だから求婚相手は男?入手不可能な難題はどうする?
赤いブラジャー 五十嵐涼 赤い靴 家族は皆外出し、一人自宅に残された中年男性。ついに長年の願望を叶えるチャンス到来!とばかりに、上半身裸で鏡の前に立つ。手には、赤いブラジャー。「いや、オレは…変態じゃない、オレは変態じゃない」
そして、笠地蔵 よしづきはじめ 笠地蔵 村一番の知恵者おばあさんと暮らすおじいさん。あるとき戦が始まって家の蓄えが尽き、笠を売りに市場へ。全く売れなかった帰り道、遭遇した窮地の侍たを笠で助けたことで、困った事態に…おばあさんのアイデアは。
魔法は使えなくてよかった 白土夏海 白雪姫 鏡はずっと罪悪感に苛まれていた。王妃に世界一美しい女性を問われて、白雪姫と答えてしまったことを。あれによって多くの人々が不幸になった。彼は今、ホストになり、全ての客に答え続ける。「一番美しい人はあなたです。」
月とかぐや姫 夢野寧子 かぐや姫 かぐや姫のように美しい少女「かぐや」。高校のクラスメイトの“私”は、モテる彼女が少しだけ羨ましい。けれども、かぐやは、言い寄ってくる男子を一刀両断。無理難題を突きつけ、取りつく島もない。その本心はどこに。
てぶくろを編んで 冨田志野 手袋を買いに(新美南吉) 透は、父親の死を機に実家の人形屋を継いだが潰してしまい、今ではさびれかけた商店街の「ぬの屋」で働いている。ある日、「ぬの屋」に小さなからくり人形が訪ねてきて、手袋が欲しいと言う。かつて透が作った人形だ。
雪女 宮本康世 雪女 毎年冬が深まると、おじいは決まって髪の長い美しい女の氷像を彫る。19歳になった“僕”は初めて、それが誰なのかを尋ねた。おじいは振り返りもせず、若い頃、吹雪の晩に雪女に出会ったと語った。すると壁が大きな音を立てた。
映る花 九条夏実 ギリシア神話-ナルキッソス 「何で私があんたの後始末しないといけないわけ?」幼馴染の瑞希は怒った顔が怖い。でも、華やかさはないけど、“ご家老”なんてあだ名をつけられていたけど、多岐穂は瑞希が好きだ。女の子としてじゃなく、友達として。
枯れ木の花 花咲かじいさん 近所の公園や商店街に現れる落書き爺さん。清掃会社に勤める“私”は、実は世界的に有名な画家であるその爺さんと日々火花を散らし地団駄を踏まされている。ところがある日のパトロール中、爺さんが倒れているのを発見し…
ガラスの靴を、シンデレラに 山本康仁 シンデレラ 年老いたお義母さんと同居するチカ子。彼女は毎日必ず同じ時刻に、通帳が無くなったと騒ぎ立て、チカ子を犯人扱いする。医者のアドバイスで散歩をすることになったお義母さんは、チカ子の新品の靴で足を踏み出す。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる