連載
» 2015年02月27日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ91冊目:青春ノスタルジックな思いに浸れる逃避行を描いた『ボクたちの旅』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はサヤからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 春の訪れを感じ、にぎわうこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 司書メイドの好感度を上げようと、今日もお気に入りの1冊を持って、書架にメイドがやってきます。

青春ノスタルジーな思いに浸れる逃避行を描いた『ボクたちの旅』

サヤ

今日はちょっと古めでマイナーかもしれないんですけど、昔すごく好きだったマンガを紹介させて下さい。


ミソノ

サヤちゃんの大好きな少女マンガなのね。


サヤ

作者の方はハッピーな学園恋愛モノで人気のある『りぼん』のマンガ家さんです。もちろんそういう作品も面白いですが、私はこのマンガ家さんの描く、「思春期のもどかしい感じ」とでもいうんですかね、それがすごく好きなんです。


ミソノ

ああ〜……青春ね!


サヤ

『ボクたちの旅』は、中学生の主人公が家を出て遠い街へと逃避行する一日が描かれています。

友達とけんかし、親に大切にしていた物を捨てられて「なんでわたしばっかり!」と家を飛び出すようすはまさに思春期、という感じで心が痛いです。なんだか身に覚えがあるようなないような……。


『ボクたちの旅』(酒井まゆ/集英社) 『ボクたちの旅』(酒井まゆ/集英社)

ミソノ

初々しい少年少女そのまま! って感じかしら。心乱れて飛び出してしまうのね……。


サヤ

その逃避行の中で見たくなかった現実を見せられたり、でも何もできない子どもな自分を突きつけられたり。「私逃げてばっかり。こんな遠くまで来ても、結局心はどこにも行けてないーー」っていうセリフから、そういうもどかしい気持ちがにじみ出ていて印象に残ってますね。


ミソノ

飛び出して、ふと振り返った時に見えてくるもの……。


サヤ

私がこの作品を初めて読んだのがちょうど主人公と同じくらいのころだったので、余計に主人公の何もできないもどかしい気持ちに共感できたんでしょうか。だから結構短いお話なのに印象に残っていて、今も時々読み返しては懐かしいような切ないような、そんなノスタルジックな気持ちに浸っています。


ミソノ

少女マンガらしい大きな瞳の中には、繊細な気持ちが詰まっているんですね。


サヤ

逃避行の中で先が見えたというか、救いがある形で逃避行が幕を閉じるのも好きなんですよねー。諦めたり妥協したりじゃなくて、前向きな気持ちで逃避行から日常に帰ってこれたのが、何というか、逃避行をちょっと切ないけど懐かしい思い出みたいにしてくれている気がします。


ミソノ

その時期を超えてしまったからこそ、読み取れることもあるかもしれないわね。


サヤ

りぼんって子供向けのマンガ誌っていうイメージがありますけど、こういう作品も中にはあるんですよね。当時はそんなにりぼんらしくない、大人な作品の良さが分かる自分ってすごいでしょ、みたいな気分で読んでいました。

そういうのも含めて、ノスタルジックな思い出の詰まった作品です……。


ミソノ

素敵ねー……サヤちゃんのこれまでと、それを読む「今」がつながっているのね。

レイラさんもサヤちゃんも、どちらもめくりたくなる本ね! 自分がとっても好きなものをテーマにした本をおすすめしてくれてとってもうれしいです。それで……。


レイラ

それで?


サヤ

それでそれで?


ミソノ

ぜひ、3人一緒にお出かけしませんか?


レイラ

3人一緒……。


サヤ

なんか3人でデートって新鮮ですね!


ミソノ

お薦めの本を見たり、お話したり、きっと楽しいですよー。ね、レイラさんいかがかしら?


レイラ

う……、(本当は独占したかったけど)まぁいいでしょう! せっかくなら、私の得意なジャンルの本をバリバリ紹介しちゃおうかしら。


ミソノ

サヤちゃんはどう?


サヤ

私だって、異論はないです! 文学メイドらしいデートにしてみせますとも!


ミソノ

うふふ、じゃあ決まりね! 3人で本選びに行ってみましょう!


ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:84% レイラ:100% サヤ:100%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
サヤ サヤ:三度のご飯より小説が好きな新米メイド。司書見習いとして、本棚整理などミソノの仕事をよく手伝っている。好きなジャンル:近現代文学、少女漫画
レイラ レイラ:森育ちのツンデレ魔女。お休みの日には愛猫とお気に入りの紅茶でまったり読書。好きなジャンル:文化 ゲーム ファンタジー 魔女 雑学

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる