ニュース
» 2015年02月25日 15時00分 UPDATE

市場は拡大傾向――サイファー・テックが2014年の電子書籍利用動向を発表

サイファー・テックのDRMソリューション「CypherGuard」のライセンス発行状況を基に調査している。

[eBook USER]

 サイファー・テックは2月25日、同社のデジタルコンテンツ配信サービス向け不正コピー対策サービス「CypherGuard(サイファーガード)」のライセンス発行状況を基にした電子書籍の利用動向を発表した。調査期間は2014年1月1日〜12月31日。

 同社のDRMソリューションであるCypherGuardは、現在約20社が採用。コンテンツの初回閲覧時の認証処理(ライセンス発行)をカウントした。

 調査結果によると、2014年は前年比で85%増となる約3700万超のライセンス発行があったという(無料のコンテンツも対象に含まれる)。

 月別では、消費税増税前の3月に利用した人が多いという結果になった。これは、増税に合わせてキャンペーンを開催した電子書店が多く、その影響もあると考えられる。新規ユーザーも同時期に増加する傾向にあったという。このほか、大型連休があった8月と12月の伸び率も大きくなっている。

年別ライセンス発行数 年別ライセンス発行数
月別ライセンス発行数 月別ライセンス発行数

 時間帯別で見ると、夜間から深夜に掛けて読む人が多くなっており、これは2013年のデータと大差ない結果となっている。平日と土日祝日で比べると、平日の方が昼と夜との利用率の差が大きく、平日は昼休みを取る人が多いであろう午後12時ごろの利用が多い。曜日別では、2014年と変わらず週末が平日を上回る結果となっている。

時間別ライセンス発行数 時間別ライセンス発行数
平日と土日祝の時間別ライセンス発行数 平日と土日祝の時間別ライセンス発行数
曜日別ライセンス発行数 曜日別ライセンス発行数

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる