ニュース
» 2015年02月24日 11時00分 UPDATE

成功するための“煩悩をプラスに変える方法”

自分の「煩悩」とうまく付き合っていく方法とは?

[新刊JP]
新刊JP

 大みそか、除夜の鐘を聞きながら年を越すが、この鐘は108回撞かれる。これは「煩悩」の数がそれだけあるとされているからだ。1年の終わりに、すべての煩悩を消し、新たな気持ちで新年を迎えたいという人々の願いが込められているのだ。

 とはいえ、煩悩を滅することは並大抵ではない。煩悩を滅するとは、悟りを開くことだからだ。それならば、自分を奮い立たせることに、煩悩を活用するべきではないのか。

 そう唱えているのが、『煩悩バンザイ!』(向谷匡史/著、フォレスト出版/刊)だ。

「煩悩」とは何?

 そもそも「煩悩」とは何なのかを説明しよう。

 「煩悩」には「貪・瞋・痴・慢・疑・悪見」の6種の根本煩悩というものがあり、次のような意味を持つという。

  • 貪――「むさぼりの心」「執着する心」
  • 瞋――「怒りの心」
  • 痴――「愚かさ」
  • 慢――「うぬぼれる心」
  • 疑――「猜疑にとらわれた心」
  • 悪見――「間違った事を強く思い込み、まことの道理を知らないことから生ずる心」

 このうち「貪・瞋・痴」の3つを特に「三毒」と呼び、すべての煩悩はここから生ずると考えられている。6種の根本煩悩を根っことして、さまざまな枝を伸ばしていき、総計108になるというわけだ。

妬みをプラスに変える

成功するための“煩悩をプラスに変える方法” 成功するための“煩悩をプラスに変える方法”

 楽しそうな写真をアップしている他人のSNSを見て妬む。出世の早い同期を妬む。ついつい、他人を妬んでしまうことはあるかもしれない。ねたみは「嫉」という煩悩であり、「瞋」を根っことしている。

 仏教では「ねたんではならない」と教えているが、それは、嫉妬が高じてくると、相手の不幸を願うまでにエスカレートしていくからだ。

 しかし、ねたみという煩悩は、抱き方によってプラスに転じることができる。出世競争で先を越されれば、誰だって嫉妬心を抱くものだ。それはいいが、「失敗すればいいのに」と不幸を願うか、「巻き返してやる」とファイトを燃やすか、その違いが大事なのだ。

 不幸を願えばただの煩悩。ファイトを燃やせば、煩悩は人生の活力に転じることになる。

 「煩悩は苦の元凶」とする考えが仏教にあるように、そのまま受け取ってしまうと苦しんでばかりの人生になってしまう。自分の煩悩を認め、取りこみ、活かすことが大事なのだろう。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる