インタビュー
» 2015年02月24日 11時00分 UPDATE

「妊娠しやすい人」は○○が強い (1/2)

「妊娠しやすい体」を作るには。

[新刊JP]
新刊JP

 夫婦ともに子どもが欲しいと願っているのに授からない状態は本当につらいものです。最近では、不妊の原因が女性だけでなく男性にあるケースも多いことが分かってきています。

 ところで、不妊の治療というとどうしてもすぐに「対外受精」の方向に考えが行きがちなのですが、体の状態を整えて「妊娠しやすい体」を作ることも忘れてはいけません。

 その観点で書かれたのが鍼灸師である宮崎圭太さんの著書『子宮を温めれば妊娠体質になる!』(自由国民社/刊)です。

 共働き家庭が当たり前の今、仕事をしながら体の状態を整えるにはどうすればいいのか?そして「鍼灸」と「不妊治療」の意外な接点とは?宮崎さんご本人にお話を伺いました。

「妊娠しやすい人」は○○が強い 「妊娠しやすい人」は○○が強い

―― 『子宮を温めれば妊娠体質になる!』についてお話をうかがえればと思います。普段は鍼灸師として活動されている宮?さんが、今回「妊娠」についての本をお書きになった理由から、まずはうかがえればと思います。

宮崎 僕は「スタジオシュカ」という鍼灸院を経営しているのですが、そこでは一般的な鍼灸の治療だけでなく、不妊に悩んでいる方を対象にした治療も行っています。

 そうした方々の治療をしていて感じるのが、鍼灸や体外受精といった治療を行わなくても、普段の生活習慣を変えるだけで状況が改善する人がかなり多いということです。

 そういう人に、一度自分の習慣を見直してみて欲しいなということで、この本を書かせていただきました。

―― 「不妊」と「鍼灸」というのは、イメージとしてなかなか関連性が見えにくいところがあります。どういった経緯で宮?さんの医院では不妊の方々への治療を始めたのでしょうか。

宮崎 一般的な鍼灸のイメージは、「体の痛いところに鍼を刺すと、その痛みがなくなる」というものだと思うのですが、本来の鍼灸はそうではなくて、体全体の状態を変えることで、調子を良くしていこうというものです。

 例えば、傷を塞いで治す力を「自然治癒力」と言いますが、傷の治りが早い人とそうでない人がいるように、自然治癒力は人によって強い人と弱い人がいます。妊娠についても同じことが言えて、妊娠しやすい人というのは自然治癒力をはじめ、人間が本来持っている力が強いんです。

 この力を高めるためには、体全体の調子を整えないといけない、ということで僕の鍼灸院では不妊の方々に向けた治療を提供しています。その意味では「不妊」と「鍼灸」は、実はそれほどかけ離れたものではないと言えます。

―― 確かに、タイトルこそ「子宮を温めれば」となっていますが、内容を読むと体全体にアプローチしていることが分かります。

宮崎 そうですね。体全体を変えることで、結果として子宮が温まりますよ、という風に考えていただければと思います。

―― 今、「体全体を変える」というお話があったように、本書では血行を改善し、体温を上げることで妊娠しやすい体質を作る方法を提唱されています。ただ、不妊のタイプと原因は様々です。この方法で解決できる不妊と解決できない不妊があるのではないですか?

宮崎 例えば、「卵管」という卵子が通る道が生まれつき塞がってしまっている人がいるのですが、こういう場合に必要なのは手術であって、体を整えることでは解決しません。このように「体の構造」に原因がある不妊は、この本で書いた方法では解決できません。

 そうではなくて、体の構造も含めて男性の方にも女性の方にも問題がないのに、なぜか赤ちゃんを授からない場合。この種類の不妊であれば解決できると思います。

―― 男女ともに体の機能的には問題がないはずなのに、なぜか授からないというケースは、やはり血行や体温といったところに原因があることが多いのですか?

宮崎 その場合が多いです。ただ、体の構造や機能の問題をまったく解決できないかというとそんなこともなくて、例えば「子宮内膜が薄いせいで妊娠しにくい」といったケースは、体を整えて体質を変えることで子宮内膜が厚くなることもあります。

―― 血行の悪さや体温の低さが原因になっている不妊の場合、本人に自覚症状はあるのでしょうか。

宮崎 本人は健康だと思っていることが多いです。ただ、話を聞いていくと睡眠時間が毎日4時間くらいしかなかったり、ものすごいストレスを感じていて、それを見過ごしていたり、「ストレスなんて誰でもありますよ」と無視していたりする。

 そうやって無理がきく体質というのはある意味ラッキーだともいえるのですが、赤ちゃんを作ろうとなると、無視してはいけない部分が出てきてしまいます。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる