ニュース
» 2015年02月20日 22時00分 UPDATE

帰ってきたライカファン究極のバイブル――『ライカ通信』電子版が発売

11年ぶりに発行された『ライカ通信スペシャル』の発売に合わせて。

[宮澤諒,eBook USER]

 エイ出版社は2月20日、11年ぶりに発行された『ライカ通信スペシャル』に合わせ、同社が2000年〜2005年に掛けて発行した『ライカ通信』(創刊号〜No.14)の電子版を発売した。価格は各741円(税別)。

rmfig340-18.jpgrmfig340-19.jpgrmfig340-20.jpgrmfig340-21.jpg ライカ通信

 ライカ通信は、その質の高さから多くのプロカメラマンやコレクターに愛されているカメラブランド「ライカ」のファン向け情報誌。

 レンズやアクセサリーの紹介はもちろん、ライカの歴史やメカニズムの秘密、技術の粋を結集して作られた名機「M3」をはじめとする歴代のライカの紹介など、その情報量はライカ社のエンジニアをうならせるほどだという。

 また、11年ぶりの発行となる「ライカ通信スペシャル」では往年のファンだけでなく、新たなライカファンに向けた広く深い情報を収録。フィルムライカから、最新版まで幅広く掲載しているという。付録は、歴代の名モデルをステッカーにした「LEICA ヒストリカルステッカー」。価格は1500円(税別)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる