ニュース
» 2015年02月20日 17時00分 UPDATE

TSUTAYAで紙の本を買うと電子版も手に入る「AirBook」、その利用率などが明らかに

今春には、新サービスとして電子特典の提供も予定する。

[eBook USER]

 紙の雑誌/ムックを店頭で購入すると、電子版も自動的に無料で手に入るというサービスは、紙の売り上げにどんな変化を与えるのか――TSUTAYAとBookLiveの業務提携により2014年12月にスタートした「Airbook」について、TSUTAYAが2月20日にその状況を明らかにした。

 Airbookは、全国のTSUTAYA対象店舗で対象誌を購入する際にTカードを提示すると、その電子版が電子書店「BookLive!」で読めるようになるというもの。サービスを実際に試した記事はこちらから。現在の対象誌は『MEN'S NON-NO』『Seventeen』『週刊東洋経済』『ダイヤモンドZAi』『CasaBRUTUS』『週刊サッカーダイジェスト』など20社53誌。

 TSUTAYA BOOK NETWORKの調査によるサービス開始以降の売り上げ推移は、定期刊行されているもので、TSUTAYAでの売り上げが業界平均対比で102.5%に、JTBパブリッシングが不定期刊行している旅行ガイドブック『るるぶ』も前年の業界平均対比で110.5%といずれも売り上げを伸ばした。もともと紙の対象誌を購入することで電子版を入手できる仕組みのため、基本的には売り上げを伸ばしこそすれ下がる要因はないが、少なくともネガティブなインパクトはなさそうだ。

 2月4日時点で727店舗が対象店舗となっているが、中でも、SHIBUYA TSUTAYA、TSUTAYA BOOK STORE 神谷町駅前店、TSUTAYA 大崎駅前店での利用率が高いようで、対象誌を購入する10人に1人がAirbookを利用しているという。この好調な進捗を記念したポイントキャンペーンも開催中。3月1日までにBookLive!会員となった人を対象に、もれなくTポイント39(サンキュー)ポイントをプレゼントしている。

rmfig340-10.jpg 前3号対比=Airbookのサービス開始前直近3号分の平均との対比
rmfig340-11.jpg るるぶは前年比でみるとTSUTAYA店舗でもわずかに売り上げを落としたが、業界平均と比べるとその数字は小さい

 また、3月中旬には『るるぶ』の対象誌を拡大予定。これまでの25タイトルから30タイトルに拡大する。また、今春には、新たなサービスとして電子特典の提供を開始予定。小説の「アナザーストーリー」やコミックの「描き下ろしイラスト」、写真集の「未収録写真」、料理本の「特別レシピ」といった電子特典を用意し、書籍と電子の楽しみ方を提供していくという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる