ニュース
» 2015年02月17日 11時00分 UPDATE

案外知らない 正しい深呼吸の方法

さまざまな体調不良を引き起こす「酸欠」を防ぐには。

[新刊JP]
新刊JP

 体内の酸素が不足してしまう「酸欠」と聞いてどんなことが思い浮かびますか?

fh1749.jpg

 海で溺れた時、あるいは密室に閉じ込められた時……でもそれだけではありません。今、日常生活の中で、しらずしらずのうちに酸欠になって、体調を崩している人が増えているのです。

 『弱ったカラダが1分でよくなる!』(今野清志/著、日本文芸社/刊)は、「運動不足」「ねこ背」など、日常の悪習慣によって呼吸が知らず知らずの間に浅くなってしまい、結果酸欠になってしまう危険性を指摘。それによって引き起こされる様々な体の不調と、対処法を解説しています。

 今回は、本書の中から、いつの間にか弱く浅くなってしまっている呼吸を強化するトレーニングを紹介します。「呼吸の浅さ」に心当たりのある方は、試してみてください。

「腹式呼吸」と「胸式呼吸」どちらがいいか?

 呼吸を深く、強くするためにまず心がけるべきことは、「肺を全部使う」という点です。

 肺というのは、呼吸によってかなり大きく伸縮します。少し大げさに、胸の上や脇、背中の方まで肺をふくらませるよう意識して呼吸すると、自然に深い呼吸が身につきます。

 深い呼吸ができているかどうかの目安は、「横隔膜が大きく上下しているか」。肺にたっぷり空気が入ると横隔膜が押し下げられ、それが内臓を押すためにお腹が膨らみます。この一連の動きを意識して呼吸してみましょう。

ペットボトル1本で「呼吸力」がアップする

 また、空になったペットボトルを使って呼吸する力を強化する方法もあります。

  1. 空になった500ミリリットルのペットボトルの底に、適度に間隔をあけて直径1.5〜2ミリほどの穴を3つ空けます
  2. 飲み口をくわえて、鼻から大きく息を吸い込んだら、6秒以上かけて、ゆっくり口から吐き出します。最初はこれを10回、慣れてきたら回数を増やしていきます(10回がきつかったら、無理のない回数から始めましょう)

 このトレーニングによって、深い呼吸が身につくだけでなく、呼吸のなかから効率よく酸素を取り込めるようになるといいます。これが楽にできるようになったら、ペットボトルの穴を3個から2個に、1つ減らしていき、さらなる呼吸力アップを目指しましょう。

 本書では、呼吸が浅くなり、「酸欠」になることで、肩こりや腰痛、不眠、冷え性などさまざまな体調不良を引き起こすとしています。

 自分でも原因の分からない体の不調に悩んでいるという人は、もしかしたら深く呼吸して、酸素を体内に入れる力が少し弱くなってしまっているのかもしれません。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる