ニュース
» 2015年02月17日 07時00分 UPDATE

1分で250ページをデジタル化――DNPと東京大学が共同開発の高速ブックスキャナー

本や資料を解体せずにスキャン可能。東京大学附属図書館で試験運用を実施している。

[eBook USER]

 大日本印刷(DNP)は2月16日、東京大学附属図書館が所蔵する本のデジタル化において、東京大学 石川正俊教授・渡辺義浩講師の研究チームとDNPが共同で開発した高速ブックスキャナーの試験運用を開始した。

PhotoPhoto 高速ブックスキャナー

 同スキャナーは、書籍や資料を解体することなく、冊子体のまま撮影可能。1ページずつめくりながら撮影し、光学文字認識(OCR)処理でテキストデータ化しており、1分間に250ページのスピードで高速スキャンが可能。

 従来のブックスキャナーでは、1ページずつ手でめくり、文字がゆがまないよう平らにしてから撮影するなどしていたことで時間が掛かるほか、本の破損が問題視されていた。

 デジタル化の対象となる蔵書は著作権が切れており、東京大学に過去所属した教員の著作物など。今回は書籍や学術資料などのデジタル化に加え、タイトルごとの書誌データも作成する。

スキャン画像サンプル スキャン画像サンプル

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる