ニュース
» 2015年02月13日 07時00分 UPDATE

1800人が選んだアニメ化してほしいマンガ作品、第1位は「クロスボーン・ガンダム」

富野由悠季監督が携わった初のマンガ作品として知られる。

[eBook USER]
Photo 機動戦士クロスボーン・ガンダム

 アニメやマンガの情報サイト「アニメ!アニメ!」は2月11日、読者アンケートで決定した「アニメ化してほしいマンガ作品は?」の完結作品編を公開した。

 作品は事前にTwitterで募集し、編集部が未完結作品と完結作品に分けて各約20作品をピックアップ。1人3作品まで投票可能で、約1800人が回答している。回答期間は2月3日〜2月8日。

 1位は1994年に『月刊少年エース』に掲載され、映画「機動戦士ガンダムF91」に続く話として描かれた『機動戦士クロスボーン・ガンダム』(原作:富野由悠季 作画:長谷川裕一)。続編は現在も『月刊ガンダムエース』で連載しており、富野由悠季監督が携わった初のマンガ作品として人気を集めている。

 2位の『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』(西義之)、3位の『PSYREN-サイレン-』(岩代俊明)、6位の『MR.FULLSWING』(鈴木信也)は、いずれも『週刊少年ジャンプ』で長期に渡り連載された人気タイトル。現在、西さんは『少年ジャンプNEXT!!』で『魔物鑑定士バビロ』を、岩代さんは『週刊少年ジャンプ』で『カガミガミ』を連載している。

 4位は再アニメ化が発表された『うしおととら』の藤田和日郎さんによる『からくりサーカス』、5位にはハリウッドでの実写化にも期待が集まる『PLUTO』(浦沢直樹×手塚治虫)、7位は実写ドラマも好調な『孤独のグルメ』(原作:久住昌之 作画:谷口ジロー)となった。

「アニメ化してほしいマンガ作品は?」完結作品編
順位 タイトル 著者
1位 機動戦士クロスボーン・ガンダム 原作:富野由悠季、作画:長谷川裕一
2位 ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 西義之
3位 PSYREN-サイレン- 岩代俊明
4位 からくりサーカス 藤田和日郎
5位 PLUTO 浦沢直樹×手塚治虫
6位 Mr.FULLSWING 鈴木信也
7位 孤独のグルメ 原作:久住昌之、作画:谷口ジロー
8位 どうぶつの国 雷句誠
9位 幸福喫茶3丁目 松月滉
10位 疾風伝説 特攻の拓 原作:佐木飛朗斗、作画:所十三

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる