連載
» 2015年02月13日 12時00分 UPDATE

私設図書館シャッツキステ89冊目:「灯台下暗し」の灯台は○○のことだった? 言葉の由来を文字と写真で解説する『目でみることば』

本大好き司書メイドの好感度を上げ、年に一度のデート権を得るべく繰り広げられるメイドたちのラブアタック。今日はミソノからの紹介です。

[eBook USER]
wmfigschatz02.jpg

 早春の雪解けを感じるこの街に、メイドが営む私設図書館がありました。

 そこには書架を守る司書メイドがいます。ほんわりおっとりした司書メイド ミソノに、淡い思いを抱くメイドもいるようです。

 今日はミソノからメイドへ、本をおすすめするようですよ。

「灯台下暗し」の灯台は○○のことだった? 言葉の由来を文字と写真で解説する『目でみることば』

ミソノ

先週の「チーム戦! 司書メイドを唸らせる本をおすすめ」夜話、盛り上がりましたよー。


エリス

メイドはレイラさん、サヤ、そしてトーヤが参加したのよね。


ミソノ

トーヤちゃん、エリスさんの代わりに立派に本を紹介してくれました。それがこちら!


『目でみることば』(文:おかべたかし 写真:山出高士/東京書籍) 『目でみることば』(文:おかべたかし 写真:山出高士/東京書籍)

エリス

立派なタコねー!


ミソノ

この青空を背景に、ぴんと張られた干物こそが「引っ張りだこ」の由来なんですって。


エリス

なるほど、見事に引っ張られているわね……。


ミソノ

ぱっと目に飛び込んでくる視覚の力を感じます。こんな風に、「阿吽の呼吸」「灯台下暗し」など、どこかで必ず耳にするような言葉40項目を写真と文で説明してあるんです。しかもアイウエオ順に並んでいるので、ふと「『図星』が見たい……」と思っても、すぐにページにたどり着くことができまよー。


エリス

どれどれ……あら? 「灯台下暗し」の灯台って燭台のことだったのね!


ミソノ

私もついつい、暗い海辺に立ってサーチライトで辺りを照らすほうの灯台を思い浮かべていました。文章を書かれた、おかべたかしさんは「語源は昔を想像するヒント」と書かれています。言葉から過去の暮らしを推し量り、想像してみると、当時の人々にとって何が身近だったかが分かるような気がしますね。


エリス

「反りが合わない」「折り紙付き」などは日本刀に関する言葉が意外とたくさん取り上げられていて、「昔を想像するヒント」というのが分かるような気がするわ。


ミソノ

「反りが合わない」というのが刀から来ている言葉というのは、私も知っていたのですが、改めて写真ですらりとした抜き身の刃と鞘を見ると「あれ? 思ったより反っていないわ……」とまじまじと眺めてしましました。


エリス

由来を知っているものも載ってると、なんだか嬉しいわ。


ミソノ

そうなんですよ。言葉の由来を

  • 知ってる!
  • うすぼんやりと知ってたけど、目で見ると印象がちがう!
  • 全然知らなかった!

と、種類の違うわくわくを感じますよねぇ。


エリス

地名が由来になっているものも多い!


ミソノ

「天王山」って写真では穏やかそうな山ですよね。「阿漕」は私もぜひどんな所か見てみたいと思っていたので、きれいな写真で見ることができて満足です!


エリス

写真撮影のため、各地に出かけられたり……すっきりとした作りの本の中に、作り手さんのこだわりがあるのね。


ミソノ

実はこの本、私はすでに手に取った事があったんです。でもじっくりページを開いて向き合うと、写真と短い言葉でありながら、その背後関係を含めて想像が深まっていく感じがしました。お勧めしてもらって良かったなぁ! と思った本です。


 シャッツキステで2月5日に開催された「チーム戦! 司書メイドを唸らせる本をおすすめ」夜話。優勝したチームのメイドには、本連載と同様にミソノの好感度パラメーターが上昇するというルールが設けられていましたので、今回の記事でエリスに20%を加算します(当日はエリスの代理としてトーヤが参加し優勝を果たしました。詳しくはこちらの記事で。なお、20%という数値はトーヤの誕生日2月20日にちなんでいます)。

 レイラ、サヤともに残り2%。エリスはちょっときびしいかもしれませんが、今後のゆくえにご注目ください。

ミソノの好感度パラメーター

本への愛情、オススメの仕方が上手だとミソノの好感度アップ! それぞれミソノの心を占めている割合は……?

エリス:84% レイラ:98% サヤ:98%


本日のメイド

ミソノ ミソノ:いつもニコニコ、図書館を影から支える司書メイド。好きなジャンル:絵本、児童書、旅行記、本、紙、図書館
エリス エリス:ちょっぴりドジなお姉さま?! シャッツの総メイド長。黒髪ロングがそろそろ膝に達しそう。好きなジャンル:ホラー、古代文明、イラスト、ビジネス書、少年マンガ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる