ニュース
» 2015年01月30日 18時26分 UPDATE

台湾を遊びつくしたカリスマ主婦ブロガー&旅作家のコミックエッセイ『女ふたり 台湾、行ってきた。』

そうだ、台湾行こう。

[eBook USER]

 1月30日、『地球の歩き方』シリーズを発行するダイヤモンド・ビッグ社から、旅のコミックエッセイ『女ふたり 台湾、行ってきた。』が発売された。価格は1100円(税別)。

Photo 女ふたり 台湾、行ってきた。

 同書の作者は、1日に10万PVを記録する人気ブログ「あたし・主婦の頭の中」を運営するカリスマ主婦ブロガー・カータンさんと、その元担当編集者で旅作家の小林希(のぞこ)さん。

 自称・台湾親善大使と公言してしまうほどに台湾フリークなカータンさんが、台湾の良さに気付けないのぞこさんを一人前の台湾好きにするべく、占いや屋台グルメなど、台湾のディープな魅力を紹介。各章ごとに写真を掲載しているほか、猫図鑑や料理一覧なども収録している。カータンさんが漫画を、のぞこさんがエッセイを担当。

『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部 『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部
『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部 『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部
『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部 『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部

 刊行を記念して、2月11日にブックファースト新宿店でミニトーク&サイン会が開催。ブックファースト新宿店・地下1階Aゾーンレジカウンターで対象書籍を購入した先着40人に整理券が配布される。

『女ふたり 台湾、行ってきた。』の一部内容

「旅」:ニーハオ/女ふたりドタバタ旅のハジマリ

「艶」:変身/女はいつまでもオンナでいたいのよ

「運」:占い/ツヨイオンナの将来はどうなるの?

「運」:行天宮/魂を戻す儀式で戻したい、ウチの子のアレ

「観」:忠烈祠/イケメン衛兵、妄想するアタシを走らす

「市」:夜市/コノ『ニオイ』ハナンデスカ

「癒」:足裏/最強のマッサージは手じゃなかったのね

「魅」:九フン/レトロな街並みvs食い倒れの誘惑、勝者は?

「夢」:平渓線/ 我らの願いよ天まで届け!〜ローカル線の旅〜


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる