ニュース
» 2015年01月29日 15時30分 UPDATE

楽天Kobo、英Tescoの電子書籍事業クローズに伴う受け皿に

スーパー・小売業界大手の英Tescoが自社の電子書店をクローズ。その受け皿は楽天Koboとなった。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigger001.jpg

 スーパー・小売業界大手の英Tescoは、自社で運営していた電子書店「blinkbox Books」の事業継続を断念、引受先を探していたが、楽天Koboを受け皿とすることで同社と合意に達した。これにより、blinkbox Booksのユーザーがそれまで購入した書籍は、Koboのプラットフォームへ移行が可能となる。

 blinkbox Booksでは向こう数週間のうちに、移行の方法を案内したメールをユーザーに対して送付する考え。利用者の移行状況に応じてアプリも数カ月以内に終了させる予定。なお、Tescoは自社ブランドのAndroidタブレット「Hudl」を販売しており、そこにはblinkbox Booksのアプリがインストールされているが、これらはファームウェアのアップデートで楽天Koboのアプリに切り替わる予定となっている。

 楽天Koboは近年、他ストアが閉店する際にそのユーザーを引き継ぐ動きをよく見せている。記憶に新しいところでは、2014年にソニーの電子書籍事業「Reader Store」が北米や欧州圏から撤退したとき、その移行先として名乗りを上げている。これにより楽天Koboは10万人規模のアクティブユーザーを獲得したわけだが、それと同じことがTescoとの間でも今まさに起こっている。

関連キーワード

Kobo | 電子書籍


Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる