特集
» 2015年01月26日 15時45分 UPDATE

電子書籍端末ショーケース:honto pocket――大日本印刷

古今東西の電子書籍端末をショーケース風に紹介する「電子書籍端末ショーケース」。今回は、大日本印刷がhontoブランドで展開する5インチのE Ink電子ペーパー端末「honto pocket」を紹介。

[山口真弘,eBook USER]

製品概要

 大日本印刷がhontoブランドで展開する5インチのE Ink電子ペーパー端末。あらかじめコンテンツを収録した状態で販売されるため、インターネットへの接続や会員登録などをいっさい必要とせず、購入して電源をオンすればすぐに読書が楽しめるという、初心者にやさしい製品であることを前面に押し出していることが特徴。

 hontoブランドを冠しているが、通信機能はもちろん外部機器との接続インタフェースを一切持たず、コンテンツの追加および削除がいっさいできない仕様となっており、電子書店のhontoとも連携しない。最大で文庫本100冊までの電子書籍を収録できるとされており、初回発表時点では収録コンテンツが異なる7種類の製品がラインナップされる。価格は収録コンテンツによって異なり、9800円〜7万4800円と幅がある。

 駆動には単三電池2本を用いるため、本体下部は電池ボックスの厚みがあり、下部が膨らんだ構造になっている。タッチ操作には対応せず、本体下部の左右ボタン、およびホームボタンを用いてすべての操作を行う。本体色はホワイトのみ。当初は丸善およびジュンク堂の一部店舗でのみ販売となる。

スペックで見る「honto pocket」

メーカー 大日本印刷
国内発売時期 2014年12月
発売時価格 9800円〜7万4800円
専用/汎用 専用
OS 不明
OSバージョン v.20140620
サイズ(※最厚部) 112.5(幅)×144(奥行き)×21(高さ)ミリ
重量 約130グラム(電池含まず)
解像度 600×800ドット
ディスプレイ 電子ペーパー(E Ink)
カラー/白黒 モノクロ16階調
画面サイズ 5インチ
通信方式 なし
Bluetooth なし
内蔵ストレージ 不明
メモリカードスロット なし
バッテリ持続時間(メーカー公称値) 1ページ30秒表示で約3000ページ以上
タッチ操作 非対応
対応フォーマット 不明
コネクタ なし
電子書籍ストア なし
その他 価格は収録コンテンツにより異なる
最終更新日:2015年1月26日

写真で見る「honto pocket」

右60度傾斜外観 本体色はホワイトのみで、単三電池を入れる背面下部が大きく膨らんだデザイン。左右もわずかに広がっている
本体を持った写真 重さは公称約130グラムとされるが、これは電池を含まない値で、実質170グラム程度となる
CDとの比較 5インチということで他の電子ペーパー採用端末に比べると一回り小さいが、ベゼル幅が広いため本体サイズはそれほどコンパクトとは言えず、過去の5インチ端末と比較してもひとまわり大きい

単体正面 正面。タッチインタフェースには対応せず、すべて画面下部のボタンで操作を行う。左右キーの長押しで連続ページめくりが行える
左側面 左側面。スライド式の電源ボタンを備える
右側面 右側面。ボタン類はない

上面 上面。ボタン類はない
底面 底面。ボタンはもちろん、USBコネクタ類もない
裏面 裏面。製品名のロゴがある。なお写真では分かりにくいが中心がわずかに盛り上がっており、周囲に比べると厚みがある

メイン画面 ホーム画面。収録されているコンテンツの一覧が並ぶ。左右キーで上下を移動して項目を選び、決定キーを押すことでコンテンツが表示される
コンテンツ表示画面 コンテンツを表示したところ。文字サイズは7段階で変更可能。フォントの種類や行間、余白などの調整は不可。画面右下の黒いマークは本全体に対する現在のページ位置を表している
tnfighp023.jpg 目次を表示したところ。ページ番号ではなく全体に対するパーセンテージで表示されている
電子書籍端末ショーケース一覧

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる