ニュース
» 2015年01月21日 12時30分 UPDATE

凸版印刷、凸版文久体の細ゴシック体「凸版文久ゴシック R」を2月上旬に提供

日本語の美しさを引き出し、読むリズムを意識したデザインになっているという。

[eBook USER]

 凸版印刷は1月20日、オリジナル書体「凸版文久体」シリーズ第2弾となる「凸版文久ゴシック R」を2月上旬から提供開始すると発表した。

Photo 「凸版文久ゴシック R」と従来のゴシック体との比較

 凸版文久体は、電子書籍など電子媒体での利用を想定して開発されている新書体で、これまでに凸版文久明朝 R(本文用明朝体)がリリースされており、今回の凸版文久ゴシック R(細ゴシック体)はこれに続く2書体目。

 漢字と仮名の大きさに変化を持たせ、読むリズムを演出した抑揚あるデザインが特長の書体だという。仮名の起筆部には左からの打ち込みを設け、横書きを意識した線の流れを実現している。

Photo 「凸版文久ゴシック R」の特長

 フォントフォーマットはOpenType、文字セットはAdobe-Japan1-6(2万3058文字)/JIS2004準拠、IVS対応。対応OSはMac OS X 10.4 以降日本語版、Windows Vista/7/8 日本語版。

 今後は「凸版文久見出し明朝」などの開発を推進し、2016年春までに全5書体の提供を目指すという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる