ニュース
» 2015年01月14日 12時57分 UPDATE

英Nielsen「フィクション読者たちが急速に電子書籍に移行している」「最後の砦は児童書」

2009年〜2014年までの5年間で、フィクション部門の市場規模は約280億円の縮小。

[hon.jp]
hon.jp

 英The Guardian紙によると、英Nielsen Bookscanがここ5年間続いている英国の出版不況の要因として、フィクション部門の客が電子書籍に流れているとの見解を示しているとのこと。

 同社のアンドレ・ブリート氏によると、総じて縮小傾向にある中、特に大きな下げ幅を見せているのがフィクション部門で、2009年は4億7616万英ポンド(約857.5億円)だった市場規模が2014年は3億213万英ポンド(約578.6億円)にまで減少しているとのこと。原因として、読者たちの電子書籍へのシフトを挙げている。

 一方、同氏は、紙書籍部門で唯一好調なのが児童書であることから、今後は児童書が紙書店にとって最後の砦になると予想している。

Copyright 2015 hon.jp, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる