ニュース
» 2015年01月07日 11時00分 UPDATE

『犯罪』を超えるか? シーラッハ最新長編『禁忌』が1月10日に発売

本屋大賞の2012年翻訳小説部門で1位となった『犯罪』の著者であるフェルディナント・フォン・シーラッハの最新作『禁忌』が1月10日に発売する。

[eBook USER]
Photo 禁忌

 東京創元社は、1月10日に『禁忌』(著:フェルディナント・フォン・シーラッハ、訳:酒寄進一)を発売する。価格は1836円(税込)。

 本作は、本屋大賞の2012年翻訳小説部門で第1位を獲得した『犯罪』をはじめ、『罪悪』『コリーニ事件』など既刊累計が200万部を超えるシーラッハ氏の最新作。ドイツ名家の御曹司であるゼバスティアンを主人公に、小説家でもあり現役の弁護士である著者が芸術と人間の本質、法律の陥穽について描いたもの。世界初となる日本での舞台化も決定している。

 ページ数は240ページで、著者による日本版オリジナルエッセイ「日本の読者のみなさんへ」を収録。また、解剖学者の養老孟司氏、俳優の橋爪功氏も推薦コメントを寄せている。

Photo 養老孟司氏の推薦コメント
Photo 橋爪功氏の推薦コメント

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる