ニュース
» 2015年01月05日 16時30分 UPDATE

「デジタル古書」の未来を占う判決、1月13日まで延期に

電子書籍の転売は実現するか。昨年末に判決予定だったが1月13日まで延期となった。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigger002.jpg

 オランダの電子書籍中古オークションベンチャーのTom Kabinetと同国の出版社団体は、デジタル古書の概念について衝突してきた。両陣営は過去数カ月ほど法廷での争いを続けており、2014年12月23日に判決が下される予定だったが、クリスマス休暇のため、2015年1月13日まで延期されている。

 アムステルダム地方裁判所は2014年7月に法廷闘争中はTom Kabinetの営業継続を認める判決を下している。ただし、出版社団体側はTom Kabinetが著作権を侵害していると確信しており、その確証も持っているようだ。彼らの独自調査によると、Tom Kabinetで販売されている電子書籍の9割はtorrentサイトからダウンロードされた海賊版だという。

 Tom Kabinetの主張は、欧州連合(EU)司法裁判所が2012年に米Oracleと独UsedSoftの訴訟で下した判決を基にしている。この判決では、“中古”ソフトウェアのライセンスの再販は合法であり、そうしたソフトウェアの製作者はいかなる再販をも妨害できないというものだった。

 Tom Kabinetのビジネスモデルは、買い手と売り手の間に立つファシリテーターとして振る舞おうとするものだ。それぞれの取引から手数料を受け取り、電子書籍にはその作品が公式に転売されたことを出版社が確認できるよう電子透かし(ウォーターマーク)を埋め込むというものである。この機能は現状オランダ国内のみとなっているが、判決次第では2015年にほかの国にも広がり得るだろう。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる