ニュース
» 2014年12月25日 10時55分 UPDATE

未来や心の状態が分かる“ことだまカード”占いとは?

ひらがな50音を使った「ことだま占い」の方法を紹介します。。

[新刊JP]
新刊JP

 私たちが当たり前のように使っている、ひらがな50音。実はその一つ一つには、「あ」「い」といった音だけではない、深い意味が込められているといいます。それを「ことだま」と呼びます。

 そして、その「ことだま」を通して、占いをするのが「ことだま占い」です。

未来や心の状態が分かる“ことだまカード”占いとは? 未来や心の状態が分かる“ことだまカード”占いとは?

 水蓮流ことだま鑑定を主宰する水蓮さんによれば、「ことだま」50音の1音1音には、日本の八百万の神々のチカラがしずまっているといいます。

 例えば「あ」は、はじまりを意味する音。新しいことへのチャレンジを象徴します。やりたいと思ったことがあればすぐに行動する、そんなことを教えてくれるのです。シンボルは「天の岩戸開き」です。

 「か」は“覚悟を決める”。刀で切るようにいらないことをバサバサと切り捨て、決断することを暗示します。シンボルはそのまま「刀」。可能性を切り開くときだということを教えてくれます。

 水蓮さんの『ことだま50音「お告げ」カード』(ディスカヴァー・トゥエンティワン/刊)は、50音とそのシンボルが描かれたカードが封入されており、そのカードを使って、自分自身を占うことができます。

 カードにはそれぞれ「音」と「シンボル」が描かれ、色も異なります。この3つを通して、自分の心の奥の本当の気持ちや、今抱えている問題の状況と打開策、潜在意識などといったことを暗示してくれるのです。

 カードの使い方はさまざま。朝、カードを1枚めくってみましょう。今日1日のヒントがそこに出ているはず。また、今の自分にとってのラッキーパーソンが誰なのかを知ることもできます。2枚引きをすれば、1枚目に今抱えている問題が、2枚目にその問題を解決するためのヒントが分かります。もし、迷っていることや悩み事があったときは、カードに委ねてみるのもいいでしょう。

 また、カードは「ことば遊び」のカードゲーム「ことだまポーカー」としても使用できるといいます。そのやり方は『ことだま50音「お告げ」カード』で書かれているので、年末年始の休み中に家族でやってみるといいかもしれませんね。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる