ニュース
» 2014年12月18日 15時30分 UPDATE

「楽天Koboライティングライフ」β版がリリース、「Kobo Aura H2O」の2000台先行追加販売も

日本での一般発売は2015年2月下旬。

[宮澤諒,eBook USER]

 楽天Koboは12月18日、東京・渋谷にある「楽天カフェ」で、2015年2月下旬に発売を予定している電子書籍リーダー「Kobo Aura H2O」(以下、H2O)の体験会を実施した。

 H2Oは、防水・防塵機能を備えた電子書籍リーダー。画面サイズは6.8インチで、現在国内で発売されている「Kobo Aura」と比較すると縦が約2センチ、横が約1.5センチ大きくなっており、コミック(単行本)のサイズとだいたい同じくらいのサイズ感となっている。

rmfig266-1.jpg 実際にH2Oを水に浸けたところ。防水ではあるが、故障を防ぐために水滴をふき取る必要がある

 H2Oは10月31日に、楽天Kobo電子書籍ストアで300台限定の先行販売を実施していたが、予約開始わずか1時間で予約分が売り切れたこともあり、12月19日午前10時から、今度は限定2000台を追加販売すると発表している。価格は1万8500円(税別)。

 体験会には、楽天 ブックス事業 副事業長の田中はる奈氏と、イーブック部 マーケティングマネージャーの糸山尚宏氏が登壇。

rmfig266-5.jpg 楽天 ブックス事業 副事業長の田中はる奈氏
rmfig266-4.jpg 楽天 ブックス事業 イーブック部 マーケティングマネージャーの糸山尚宏氏

 10月1日に完了した楽天ブックスとのサイト統合や、講談社、大阪屋と連携して行われた『進撃の巨人』最新第15巻を活用したO2O施策、6月16日日本出版インフラセンター(JPO)やBookLiveとともに全国4店舗の書店で実証実験をスタートさせた「BooCa」など、2014年の取り組みを振り返った。

 また12月18日には、セルフパブリッシングサービス「楽天Koboライティングライフ」のβ版もリリースされている。

 こちらは、Amazonの「Kindle ダイレクト・パブリッシング」と同様に、個人で電子書籍を制作・出版できるサービス。月間や累計の販売部数や推定収入などのデータをリアルタイムで確認できるダッシュボード機能を備え、販売実績のあった翌月には販売レポートを送付するなどのサポート機能も備えている。

rmfig266-3.jpg

 電子書籍の販売価格は無料または80円〜10万円の中から設定可能。ロイヤリティは販売価格によって変動し、80円〜298円では45%、299円〜10万円では70%となっている。なお、2015年4月1日午前8時59分までは、β版リリースキャンペーンとして、配信したすべての電子書籍を対象にロイヤリティを85%としている。

 現在対応しているファイルフォーマットはEPUB3のみで、アップロードサイズは最大100Mバイト、DRMのオン・オフ設定可能、予約販売や海外への販売などにはまだ対応していない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる