ニュース
» 2014年12月02日 10時30分 UPDATE

すぐブレる人とブレない人の大きな違い3つ

ブレない自分を持つための考え方を紹介。

[新刊JP]
新刊JP

 「あの人はまったく軸がブレない」「この人はすぐに意志がブレて頼りにならない」など、世の中にはブレる人とブレない人がいます。

 もちろん、好感をもって受け止められるのはブレない人。では、ブレない人とブレる人は一体どういった点が違うのでしょうか?

 『たった一度の人生を、自分らしく思い通りに生きる方法』(井上裕之/著、学研マーケティング/刊)は「価値観」を確立し、自分らしく生きるための30の方法を掲載した一冊。本書の中から、ブレない人とブレる人の違いを取り上げていきましょう。

ブレない人は自分の「好き」を大切にしている

すぐブレる人とブレない人の大きな違い3つ すぐブレる人とブレない人の大きな違い3つ

 ブレる人は「好き」以外を優先してしまっている

 「ブレない人」の特徴の1つに「仕事が楽しくて仕方がない」というものがあります。いつも元気で一点の曇りがなく、心から楽しんで仕事をしている。そんな人は常に注目を浴びるものです。

 井上さんはインターネット検索サイト「Yahoo!」創業者の一人であるジェリー・ヤンの「いまやっていることが楽しくてしかたない。仕事という意識はまったくない」という言葉を引用し、彼が富豪になってもコンピューター・オタクの素顔を持ち続けているといいます。

 「金儲け」よりも「好き」を先行させたからこそ成功できたヤン。「好き」以外を優先してしまうと、力があまり出なくなってしまうこともあるのです。

ブレない人はやろうと思ったら実際にやる

 ブレる人はやろうと思っても「そのうち」で終わる

 「やりたい」「やろう」と思ったことをあなたは実行していますか? 実行している人はブレない人、「そのうち」「あとで」と思ってそのままにしている人はブレる人です。

 井上さんは「やりたい、やろうと思ったことは必ずやる」そう自分と約束しているそうです。「そうしたい」と思ったら、その場でワンアクションする。あのピーター・F・ドラッカーも「いつかできることは、今日できる」と述べ、実践していたそうです。

 「いつかやろう」「そのうちやろう」では、いつまでもしないまま。ブレない人はすぐに行動に起こします。

ブレない人はひとりの時間を大切にしている

 ブレる人は自分と対話する時間をつくらない

 あなたは一人の時間をつくっているでしょうか。哲学者のショーペンハウアーは「人は孤独でいる限り、自分自身であり得るのだ」という言葉を残していますが、井上さんも「ひとりでいる時間、孤独の時間が欠かせない」と考えているそうです。少しはやく仕事が終わったとき、飲みに行くのではなく、一人になって自分自身を見つめ、対話をするというのです。

 自分自身の精神を研ぎ澄ますには、ひとりの時間が大事。誰かと一緒の時間だけではなく、ひとりで過ごす時間、両方持ってみてはいかがでしょう。

 本書は30の各項目の中で先人たちの名言を引用し、井上さんが解説を加える形で自分らしく思い通りに生きる方法を教えてくれます。

 井上さんは医学博士でありながら、人生の成功哲学「ライフコンパス」の提唱者でもあります。揺るぎない価値観を確立し、ブレない生き方をするために、本書はさまざまなヒントを与えてくれる一冊です。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる