ニュース
» 2014年11月21日 11時00分 UPDATE

紀伊國屋書店 武蔵小杉店でiBeacon対応アプリを使ったO2Oマーケティング施策

インフォシティのiBeacon対応スマートフォン用アプリ「B+POP」を用いている。

[eBook USER]

 紀伊國屋書店は、11月22日に新規開店する「武蔵小杉店」で、iBeacon対応スマートフォン用アプリ「B+POP」を使ったO2Oマーケティング施策を展開する。

 インフォシティが提供するB+POPは、店内のBeaconやGPSで取得した位置情報や行動履歴情報に基づき、最適な情報を自動表示するiOS/Android向けアプリ。ユーザーを近隣エリアから店頭、商品陳列棚まで誘導し、購買行動を支援するという。

 武蔵小杉店では、同アプリを使用したO2Oマーケティング施策により、最寄り駅などからの誘導やTwitterとの連動、店内マップの利用、オリジナルコンテンツプレゼント、電子書籍アプリ「Kinoppy」と連携した電子書籍の試し読みなどを展開。店内のフリーWi-Fiとも連携した店舗のメディア化を視野に入れ、映像やコミックなど提供コンテンツの増強、併設カフェ・店内催事との連動企画、来店ポイント・クーポン提供といった、新たなO2Oマーケティング施策のトライアルにも取り組むという。

紀伊國屋書店 武蔵小杉店での提供予定サービス

武蔵小杉駅(東急東横線、JR南武線、JR横須賀線)からの店舗誘導

店内マップの閲覧、誘導

コミック試し読みコーナーの設置

電子書籍の試し読み(紀伊國屋書店電子書籍ストア「Kinoppy」で閲覧。『LaQ大百科』『はじめてのLaQ』など)

動画等コンテンツの閲覧(『学研の図鑑LIVE恐竜』 『U-Laピグモン 動画』『U-LaQ ピグモン設計図』など)


290x60_Android_F.gif
290x60_iOS_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる