ニュース
» 2014年11月18日 10時48分 UPDATE

姑への愚痴を間違えて本人に……シャレにならないメールの失敗

本人はシャレにならない間違いでも周りからは面白い、“あかん”失敗メールを紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 つい先日、仕事のメールを「よく似た名前の別の人」に送りそうになり、一瞬ヒヤリとしました。幸い実際には送らずに済んだのですが、メールやラインなどの「誤爆」(送り先を間違えること)や、「誤変換」は焦りますよね。

 多くの送信者を青ざめさせ、受信者を爆笑させる「失敗メール」。その数々を集めたのが『あかんメール』(『あかんメール』選定委員会/著、扶桑社/刊)です。「そんなバカな!」と思ってしまうものから、自分もやりそうな身近なものまで、さまざまな種類の“あかん”失敗メールが紹介されています。

「大学卒業したら一緒に相撲」

 送り主はつきあっていた彼女にプロポーズのつもりで送ったメールでしたが、彼女から戻ってきた返事は「どすこい」だったそう。

 「住もう」と「相撲」は、誤変換しやすいので気をつけたいところですね。

「あなたの顔、何か芋みたい」

 これも恋人へのメール。本当は「あなたの顔、何回も見たい」というラブラブメールなのに、誤変換で台なしに……。文面をよく確認してから送信したいものです。

「三十路汁」

 誤変換だけではなく予測変換も大事故の下ですから要注意です。「味噌汁」と書くつもりで「みそ」と入力すると「三十路」と予測変換されたりしますから、よく見ないと変な汁を開発してしまうことに……。

「お義母さんがわたしの仕事に中途半端に口と手を出すので、やりにくくて仕方ない!(怒)」

姑への愚痴をまちがえて本人に……シャレにならないメールの失敗 姑への愚痴をまちがえて本人に……シャレにならないメールの失敗

 文面自体にはおかしなところがなくても、送り先を間違えると大変なことになるという例です。

 姑への愚痴メールを夫に送るつもりが、姑本人に送ってしまうという大誤爆。想像するだけで青くなってしまいますね。

 ここで取り上げたものはごく一部。

 本書には、まだまだ誤爆や誤変換、予測変換のいたずらなど、さまざまな「あかんメール」が掲載されていますので、読んで笑うと同時に、恥ずかしいミスや後で炎上するような失態を自分は犯さないよう気を引き締めたいところです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる