ニュース
» 2014年11月10日 13時58分 UPDATE

電子書籍利用数、2013年に比べ56%増加――サイファー・テック調査

DRMサービスなどを手掛けるサイファー・テックが、電子書籍の利用動向を発表。月別、曜日別、時間別などのデータをグラフとともに掲載している。

[宮澤諒,eBook USER]

 サイファー・テックは11月7日、同社が開発・販売を手掛けているDRMサービス「CypherGuard(サイファーガード)」のライセンス発行状況(コンテンツ初回閲覧時にライセンス認証が行われる)を基に、電子書籍の利用動向を発表した。調査期間は7月1日〜9月30日。

 調査によると、2014年7月〜9月にかけてのライセンス発行数は約911万5000。2013年の同時期に比べ約56%増加しているという。

四半期別ライセンス発行数 四半期別ライセンス発行数
月別ライセンス発行数 月別ライセンス発行数

 中でも、8月10日が一番高い数値を示している。これは大型の台風11号の日本上陸と日曜が重なったため、室内で電子書籍を利用する人が多かったためと考えられる。

日別ライセンス発行数 日別ライセンス発行数

 利用時間帯で見てみると、2013年とほぼ同様の結果となっている。朝からだんだんと発行数が増加し、帰宅時間と思われる午後7時に急激に増加を始め、午後11時にピーク、以降は朝になるまで減少していく。

時間別ライセンス発行数 時間別ライセンス発行数

 平日、土日祝日、お盆で比較してみると、学校や会社が休みの人が多いため午後7時になるまでは土日祝日やお盆のほうが発行数が多くなっているが、そこを過ぎると平日の方が発行数が多くなっている。また、休日は夜更かしをする人が多いためか平日に比べピークの時間が遅くなっていることも見て取れる。曜日別では、土日の利用が目立った。

平日と土日祝とお盆の時間別ライセンス発行数 平日と土日祝とお盆の時間別ライセンス発行数
曜日別ライセンス発行数 曜日別ライセンス発行数

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる