レビュー
» 2014年11月05日 14時20分 UPDATE

動画で360度チェック:これは意外といける!? アマゾンのカラータブレットで最も安価な「Fire HD 6」に触ってみた

アマゾン ジャパンのカラータブレットで、最も安価なのが6型液晶を搭載した「Fire HD 6」だ。8Gバイトで1万1800円という低価格モデルの魅力はいかに!?

[田中宏昌,ITmedia]

 電子書籍リーダーだけでなく、豊富なタブレットをラインアップするアマゾン ジャパンだが、その中で最も安価なカラー液晶搭載モデルが「Fire HD 6」だ。8Gバイトモデルで1万1800円、16Gバイトモデルでも1万3800円という低価格が魅力の1台だが、CPUにはクアッドコア(1.5GHz×2/1.2GHz×2)を採用し、バッテリー駆動時間も公称で約8時間と必要十分な性能を備えている。

 ボディの厚さが約10.7ミリ、重量が約290グラムと競合機に比べてずっしりと手応えはあるものの、OSは最新のFire OS 4「Sangria」で、動作もキビキビとしている。

 まずは動画をチェックしてほしい。

ht_kf01.jpg 5.5型の「iPhone 6 Plus」や6.4型の「Xperia Z Ultra」とのサイズ比較
ht_kf02.jpg ボディカラーはブラック、シトラス、ブルー、ホワイト、ピンクの5種類

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる