ニュース
» 2014年10月30日 17時45分 UPDATE

ヤマダイーブック閉鎖から約3カ月、電子書店「やまだ書店」がプレオープン

ヤマダイーブックで購入していた電子書籍の引き継ぎに関しては、現在のところ明らかにされていない。

[宮澤諒,eBook USER]

 ヤマダ電機は10月29日、紙の本と電子書籍を扱うハイブリッド書店「やまだ書店」をプレオープンした。ヤマダ電機のアプリ「ヤマダ電機 ケイタイde安心」からアクセスできる。

rmfig204-5.jpg やまだ書店トップページ
rmfig204-6.jpg 作品ページ

 取り扱い作品は15万タイトル(毎週木曜に更新)。購入には「やまだ書店ポイント」が必要となっており、ヤマダポイントからの変換や、月額コース会員になることなどで手に入る。作品によっては1冊まるごとの「巻」と、1話ずつの「話」の2パターン購入でき、「話」で購入した場合は1コマずつ表示して閲覧できる。紙版は、作品ページ内のリンクから、「ヤマダブックス」へ移動することで購入可能。

 1ユーザーにつき5台まで同時にアクセス可能で、対象機種は現在のところAndroid2.2以上のスマホやタブレットとなっている。今後、iOS版やPC版もリリースする予定。なお、電子書籍の閲覧には本棚アプリのダウンロードが必要。

 ヤマダ電機は2012年12月18日に、「ヤマダ電機マルチSNS」の1サービスとして電子書店「ヤマダイーブック」をオープン。同ストアは、2014年7月の閉鎖を発表した際、閉鎖後は購入したコンテンツの閲覧ができなくなると告知。その結果ユーザーなどから批判を受け、同日中に「記載不備」として謝罪する一幕があった。

 謝罪とともに、購入した電子書籍を新規オープン予定の電子書店に受け継ぐことができるよう調整し、新規電子書店を利用しないユーザーには、手持ちの「イーブックポイント」残高相当をヤマダポイントへ交換する措置を取ることが発表された。

 なお、現在のところ引き継ぎに関しては明らかにされていない。

290x60_Android_F.gif
290x60_iOS_F.gif

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる