ニュース
» 2014年10月24日 11時00分 UPDATE

小野不由美の怪談短篇が発売、カバーイラストは『蟲師』の漆原友紀

小野さんの故郷である大分県中津市を舞台に、怪異専門の建築探偵“営繕屋かるかやの尾端”が鮮やかに事件を解決する。

[eBook USER]
『営繕かるかや怪異譚』(カバーは製作中につき変更の可能性あり) 『営繕かるかや怪異譚』(カバーは製作中につき変更の可能性あり)

 KADOKAWAのブランドカンパニーである角川書店は12月3日、『屍鬼』『十二国記』などで知られる小野不由美さんの『営繕かるかや怪異譚』を発売する。カバーイラストを手掛けたのは、『蟲師』の作者である漫画家の漆原友紀さん。価格は1500円(税別)。

 同書は談専門誌『幽』(KADOKAWA)で連載中の作品。小野さんの故郷である大分県中津市を舞台に、最も思い入れのある土地や建物をテーマに書かれているという。

 古い建物で起こる怪奇現象の数々を、怪異専門の建築探偵“営繕屋かるかやの尾端”が鮮やかに“修繕”し、解決へと導いていく。「奥庭より」「屋根裏に」「雨の鈴」「異形のひと」など全6篇を収録。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる