ニュース
» 2014年10月15日 10時30分 UPDATE

電子書籍販売、紙の書籍を超えず

Nielsenの調査より。いまだ印刷物を選ぶ傾向にあることは否めない。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigger001.jpg

 2014年の上半期、電子書籍の販売は、紙の書籍(ハードカバーおよびペーパーバック)を超えなかった――米調査会社Nielsenの調査によると、書籍の販売全体に占めるペーパーバックの割合は42%で、次はハードカバーの25%。電子書籍はわずか23%だった。

 現状では、電子書籍がペーパーバックと互角に競えるようになるには解決すべき問題がまだ山積している。平均的な読者はいまだに、書籍を地元の書店で購入している。読者は次に読む本をどうやって探しているのだろうか? 書籍購入者の12%は、書店店頭の展示を見て知った書籍を購入すると答えた。つまり、書店は書籍との出会いにおいて、今でも非常に重要な役割を果たしているということだ。

 書籍選びの方法として次に人気があるのは、友人や家族からの紹介で、書籍購入者の10%がこの方法を使うと答えた。驚くべきことに、オンラインで見つけた書籍を実店舗で購入する、いわゆる逆ショールーム方法はわずか8%だった。

 われわれがいまだ印刷物を選ぶ傾向にあることは否めない。また、英国でのある調査によると、若者は、特にデジタルでは配置を再現できない挿絵入りのテキストの場合、紙の書籍の方が総合的な読書体験を得られると考えていることが明らかになった。この調査では、若者の73%が電子書籍よりも紙の書籍を選んでいる。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる