ニュース
» 2014年10月15日 11時00分 UPDATE

全国約100の終着駅を収録した電子書籍、文藝春秋から

終着駅までの旅に出よう。

[宮澤諒,eBook USER]

 文藝春秋は10月14日、カメラマンの大倉乾吾さんが数年に渡り日本全国約100の終着駅を撮影した、『終着駅紀行 東日本編』と『終着駅紀行 西日本編』を電子書籍限定で発売した。価格はいずれも463円(税別)。

終着駅紀行 東日本編 終着駅紀行 東日本編
終着駅紀行 西日本編 終着駅紀行 西日本編

 東日本編では、北海道にある日本最北の駅である「稚内駅」から、青森の「黒石駅」、静岡の「修善寺駅」などを、美麗な写真と簡潔な文章で紹介。西日本編では、SLを模した駅舎が特徴的な三重の「西藤原駅」や、京都の「鞍馬駅」、沖縄唯一の鉄道「ゆいレール」の終着駅である「首里駅」などを収録している。ひとたびページをめくれば旅に出たくなること間違いなしの本となっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる