ニュース
» 2014年09月02日 11時20分 UPDATE

いるだけで目立つ「美人オーラ」の作り方

はっと目を引く美人が持つ「オーラ」はどうすれば身につけられるのでしょうか。

[新刊JP]
新刊JP

 世の中には、単純に「美人」というだけでは片づけられない、思わず振り返ってしまうような、強烈なインパクトを持った人がいるものです。

いるだけで目立つ「美人オーラ」の作り方 いるだけで目立つ「美人オーラ」の作り方

 一言でいえば、こういう人は「オーラがある」ということになるのでしょうが、やはり特別なオーラは、限られた人にしか身にまとうことが許されないのでしょうか? 普通の女性が、周囲の人の目を奪うような「オーラ」を発することはできないのでしょうか?

 いいえ、決してそんなことはありません。『目を奪われるほどオーラのある美人になれる本』(西村有紀子/著、大和書房/刊)を読むと、「オーラ」はその人の見た目や話し方、考え方、ちょっとした仕草などが相手に与える印象を総合したもので、今からでも身につけられるものだということが分かります。

 そして、オーラを身につけることで、やりたい仕事、夢が次々と実現していきます。

「オーラ」を形作る3つの要素

 オーラがある人というのは、例外なく存在感があり、大人数でいても際立って見えます。この存在感の正体は「姿勢・意識・自信」。

 背筋がピンと伸びて姿勢のいい人というのは、どこにいても目立ちます。また、一緒にいる人の話を聞き漏らさず、自分のためになることは全て吸収しようという張りつめた意識を持っている人は一目で分かるものですし、ファッションや持ち物も含めて自分に自信がある人というのも、そうでない人との差が歴然です。

 「姿勢・意識・自信」、この3点に気を配るだけでも、周囲に埋もれない、「一味違う人」になることができます。

自然に目立つ! オーラがある人の話し方

 ところで、「姿勢・意識・自信」の中で、一番手に入れるのが難しいのは「自信」ではないでしょうか。自信は短期間で身につくものではないですし、精神状態によっても左右されます。

 でも、「オーラがある人」を参考に、自信たっぷりなふるまいをマネするだけなら誰でもできますし、自分にオーラを演出するのに効果的です。

 例えば、話し方1つとっても、オーラがある人の話し方にはこんな特徴があり、とても目立ちます。

  • 話す速度がゆっくりである
  • 滑舌がよく、聞き取りやすい
  • 声の大きさは堂々としていて大きめである
  • 声に張りがある
  • 声のトーンは高すぎず、落ち着いている
  • 声に愛と共感が満ちている
  • 視線をその場にいる一人ひとりと合わせられるように、ゆっくりと配る

 これらは、特別な人にしかできないわけではなく、訓練すれば誰にでもできること。姿勢や意識、そして話し方と地道なところから変えていくことで、あなたにも素敵なオーラが徐々に作られていくのです。

 実体のない、漠然としたものだと思われがちな「オーラ」ですが、実際は論理的に説明がつくもので、トレーニングを積めば誰でも必ず手に入れられるものです。

 本書には、仕草やファッションに始まり、考え方や内面の磨き方にいたるまで、「オーラ」を手にするためのトレーニングの方法が詳しく明かされています。地味な自分が嫌な人、恋がうまくいかない人。本書はこんな人が生まれ変わる手助けをしてくれるはずです。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる