インタビュー
» 2014年08月28日 11時36分 UPDATE

放送作家・藤井青銅さんに聞く「ゆるパイ」と「ラジオ」の話

放送作家・藤井青銅さん周囲を巻き込んで広まった「ゆるパイ」を紹介する書籍や「ゆるパイ展」。今回は、そんな藤井さんとオトバンク社長・久保田裕也さんとの対談をお届けします。

[新刊JP]
新刊JP

 新刊JPニュースで2回にわたってインタビューを配信した『ゆるパイ図鑑』(扶桑社/刊)著者で、作家の藤井青銅さん。実は放送作家としても活躍中で、ラジオ好きならば知らない人はいないというほどの人物なのだ。

『ゆるパイ図鑑』著者の藤井青銅さんとオトバンク社長・久保田裕也 『ゆるパイ図鑑』著者の藤井青銅さんとオトバンク社長・久保田裕也

 現在は「オードリーのオールナイトニッポン」(ニッポン放送)に構成作家として番組制作に加わっているほか、ラジオ以外にも書籍『ゆるパイ図鑑』の執筆、47都道府県1県ずつテーマにした新作落語を作る「d47落語会」を展開するなど、活動はとにかく幅広い。

 そんな活動の原動力はどこにあるのか? 一体どんなことを考えているのか? もっとその頭の中を知りたい! というわけで、今回は特別企画として、藤井さんと熱狂的ラジオフリークの株式会社オトバンク社長・久保田裕也の対談が新刊JP上で実現! 「ゆるパイ」と「ラジオ」がクロスオーバーするトークが繰り広げられた。

(記事・構成:金井元貴/新刊JP編集部)

「どうやって面白がってくれる仲間を増やすか」

―― 『ゆるパイ図鑑』は全国に散らばる約200のご当地パイを一堂に集めたユニークな一冊で、そのうちの94パイが写真付きで掲載されています。

久保田 藤井さんが「ゆるパイ」に興味を抱いた経緯が新刊JPニュースのインタビューに書かれていましたが、すごく面白かったです。最初に藤井さんが「変だな」と思って、インターネットなどを使って、そこからいろいろな方を巻き込んでいって。書籍化だけでなく、渋谷ヒカリエでの「ゆるパイ展」などのイベントまで膨らんでいくという過程がすごいと思います。

 僕がラジオを聞き始めたきっかけが、実は藤井さんが携わっていた「上柳昌彦の花の係長 ヨッ!お疲れさん」(ニッポン放送)で、それ以降で藤井さんがご担当されているラジオ番組のほとんどを聞いています。もちろん今、放送中の「オードリーのオールナイトニッポン」も毎週欠かさず聴いているので、すごく緊張しているのですが(苦笑)よくラジオ番組の広がり方ってインターネット的だなと思うことがあるんですね。小さなところから始まって、そこにいろいろな人が協力することで、露出が増えていって。『ゆるパイ図鑑』もその流れができていますよね。

藤井 この本を作っているとき、「日本ゆるパイ愛好学会」という名前でFacebookページをつくって、打ち合わせやデザインを決めていく様子をリアルタイムで読者に見せていたんですが、これもラジオ的ですよね。ラジオは番組発でイベントをしたり、CDを作るときも、その途中経過をずっとリスナーと一緒に共有すると面白いんです。そうやって楽しんでもらえれば、イベントにきてくれるかもしれないし、CDを買ってくれるかもしれない。

 僕にとって本作りは、潜在的に番組をやっているような感覚なのかもしれません。今回、『ゆるパイ図鑑』の編集を担当して下さったのが編集者兼漫画解説者の新保信長さんなのですが、新保さんに「こういうことをやりたい」と話してみたら、すぐに彼が「ゆるパイ愛好会」を作ってくれて、Twitterなども含めて誰もがアクセスできるようにしたんです。

 何となく「ゆるパイ」のページを見てもらって、知っていてもらう。これはすごくラジオ的だなと思いましたね。ラジオは国民の大多数が聞いていないわけで、聞いている人はマイノリティですから。もしラジオ発の動きが起きたとき、「俺は最初から知っていたぜ」っていう意識を持って、拡散側にまわってくれるんです。

久保田 確かにそういう意識ってすごくあります。自分もそうですから。

藤井 僕は物事を大きくすることが好きなんです。でも、渋谷ヒカリエの「全国ゆるパイ展」はすごかったですね。

―― 10日間で1万人以上が来場されたそうですね。

藤井 展示されているのは「パイ」だけですからね。だから、今回、展示されている「ゆるパイ」の県ごとに手書きの紹介文みたいなものを書いたんです。それも、デザイナーさんがゆるパイ展専用の原稿用紙を作ってくれて。僕の書く文字はいわゆる“作家文字”で、好かれやすいんですね。ワープロで打ってプリントされたものって読み飛ばされてしまいがちですけれど、手書きだと感情が伝わりますから、読んでしまう。だから、お客さんの滞留時間も長かったように思います。

 それに、そこからまた新しい展開もあって、「ミニゆるパイ展」のようなフェアを東京の本屋の店頭でしようという話が上がっています。また、名古屋の書店のスタッフの方からTwitterで「渋谷でやっていたゆるパイ展がすごく面白かったから、自分の書店でもこういうことができないか考えています」という話が届いたんです。ちょうど東京でもそういったフェアができないかという話があがっていたところなので、編集の新保さんと連絡をとってみてくださいと紹介をしました。さすがに渋谷ヒカリエの規模は無理ですけれど(笑)、そういった形で「ゆるパイ」を面白いと思ってくれる人が増えていますね。

久保田 広がっていきますよね。でも、お菓子のパイだけでここまで広がるというのも驚きなのですが、そういったアイデアの着想のコツはあるんですか?

藤井 特別なことはしていませんね。20年前から「パイって変だな」と思っていただけだし、出版の企画が通ったからパイを買いましょう、だし……。

久保田 変だなと思うところから始まるんですね(笑)

藤井 「ゆるパイ」ってやっぱり変ですよ(笑)。「さんまパイ」とか、「さんまをパイにしなくても」って思いませんか? でも、こうやって広がっていくのが面白い。本の内容が展覧会になったり、こうして記事になるということでさらに広がるかもしれませんし。

久保田 いろいろな形になって外に広がっていくのは、すごくラジオと似ていると思います。

藤井 ラジオはメディアとしては弱いから、ラジオという場所だけで勝負してちゃいけないと思うんです。どうやって面白がってくれる仲間が増えるかというところが大事で、面白がってくれれば、リスナーは自分から宣伝をしてくれるし、グッズを買ってくれたり、イベントにも参加をしてくれる。

久保田 ラジオは、最初はただ聞いているだけですけど、徐々にハガキを書きたくなって、投稿をし始めて、最終的には毎週合格発表を待つような気分になりますからね。ハガキが読まれると合格!という感じで(笑)

藤井 読まれれば身内意識が増しますし、ハガキ(メール)を書かない方でも、ずっと応援してくれるんですね。

輪を広げる「ゆるパイ」というコミュニケーションツール

久保田 僕がいつも感じるのは、ラジオ番組のイベントに行くと、リスナーたちの熱量が他のイベントとまったく違うんですよ。すごく熱いんです。

藤井 その話でいうと、「オードリーのオールナイトニッポン」で9月に5周年のイベントをするんです。

久保田 「史上最大のショーパブ祭り」ですね!

藤井さんの著書『ゆるパイ図鑑』(扶桑社刊) 藤井さんの著書『ゆるパイ図鑑』(扶桑社刊)

藤井 場所が東京国際フォーラム・ホールAで、キャパシティは5000人ですよ。そして、オードリー。しかも、東京国際フォーラムを使うということは、チケット代が高くなってしまうんです。どうしても6000円を超えてしまう。そこを抑えて5800円にしてもらったのですが、それでも5800円ですからね。「本当にお客さん来てくれるかな?」って、発表時は大不安なわけです。オードリー本人たちも不安で、「大丈夫?」って言っていましたから。

 テーマを「ショーパブ」にして、第一次の先行予約のときに、出演者の一部を発表しました。そのとき、名前を出したのが、西城秀樹のものまねをしているバーモント秀樹。

久保田 バー秀!

藤井 そう(笑)、この番組でさんざん使い倒しているショーパブ芸人。あと、ビトタケシというビートたけしのものまね芸人。もう名前からしてショーパブですよね。そしてオードリーの若林・春日。

 その第一次の先行予約で「このセコい人たちで5000人を埋めるという暴挙なんだ。助けてほしい」という発表をしたんです。リスナーはそれを面白がってくれるはずだと思っていたので。でも、実際はドキドキですよ。どれだけ人が集まるのか分からないですから。

 いざ蓋を開けてみたら、ニッポン放送のイベントページが一時サーバーダウンするくらいアクセスがあったんです。第一次先行予約のときは、一晩かそれくらいで用意していた枚数が埋まって、抽選。でも、予約が確定した後にお金を払うシステムだから、まだどれだけ入金をしてくれるか分からないわけです。あの3組に5800円ですよ。普通は払わないと思うけれど(笑)でも、すごく入金率が高かったんです。

久保田 ファンだったら絶対に行きたいですよ。もし、チケット代が倍でもそのイベントは行きたいと思います。

藤井 そう思っていただけるのは、毎週番組を聞いているリスナーたちが、「この人たちはひどいことをしない」と信用してくれているからなんですよね。面白いと確信してくれている。その後、第二次先行予約のときにmiwaちゃんとCzecho No Republicのアーティスト出演者を発表したのですが、そこまでで(チケット枚数の)ほとんどが埋まってしまったんです。だから、一般販売は本当に少ない枚数しか出せなかったですね。

久保田 以前、「オードリーのオールナイトニッポン」で、春日さんが住んでいるむつみ荘の部屋をそのまま再現するという企画を日比谷公園でやりましたよね。2010年5月の「THEラジオパーク」のときだったと思いますが、それも見に行きました。すごい人でしたね。

藤井 そうなのですか! それは嬉しいです。意外に人が来てくれたんですよ。あの企画は僕が提案したもので、最初は「誰が見にくるんだ」って言われたけれど、やってみたらたくさんの方が見に来てくれた。

久保田 その期間、ずっと春日さんが住んでいるむつみ荘の部屋が再現されていた。

藤井 これも面白いことがあって、春日さんの部屋の家財道具を運搬してくれた日本通運の方がすごく協力してくれたんです。まず部屋の写真を撮影して、全部家財道具を運び出して、それから日比谷公園の小音楽堂のステージの上にその再現するのですが、その荷物を運んだ方々に引越しのプロの魂を見せてもらいました。春日さんも若林さんも面白がっていましたね。

 それに味を占めて、その年クリスマスの「ラジオ・チャリティー・ミュージックソン」では、「移動むつみ荘」という、トラックに春日さんの部屋を再現して都内を走り回るということもしました。

久保田 その「ミュージックソン」も藤井さん脚本で映画になりましたよね。ラジオが中心になりながら、いろいろな展開に広がっていく。いろんな人が面白がってくれる、その「面白がる」ということが一つの原点なのでしょうか。

藤井 ラジオは基本的にたくさんの人の力が必要なんですね。その原点にあるのが、「面白がること」だと思います。面白がってくれるリスナーをはじめ、「むつみ荘」ならば日通の人、そして「ミュージックソン」のときは映画館の人もそうでした。その面白がってくれる人を増やすことが大事で、自分も面白がることが原点じゃないかなと。

話を『ゆるパイ図鑑』に戻しますけど、「ゆるパイ」ってなんだか面白いじゃないですか。僕はパイ大好き人間ではないけれど、こんなパイがあるんだ!と思うと面白くなる。

久保田 そこからコミュニケーションが生まれますよね。そして輪が広がっていく。

藤井 そうそう。高くても1000円くらいだし、だいたい700円から800円で買えるものですから、それだけでみんなで盛り上がれるって、「ゆるパイ」はすごくいいツールだと思いますね。

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる