ニュース
» 2014年08月12日 11時11分 UPDATE

“大人”を語り尽くす 大人気CM「大人エレベーター」が書籍化!

サッポロ生ビール黒ラベルの人気CM「大人エレベーター」に出演する有名人が「大人」について語る書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 俳優の妻夫木聡さんが出演するサッポロ生ビール黒ラベルの人気CM「大人エレベーター」は、第一線で活躍する芸能人やアーティストたちが、「大人とは何か」について語るという内容で、好評を博しています。妻夫木さんが架空の大人エレベーターに乗り込み、階数と同じ年齢の大人たちに出会い、彼らと「大人」という存在について語りあいます。

 『大人エレベーター』(扶桑社/刊)には、これまでのCMのフリートークが完全収録されています。下は25歳(当時)の横綱白鵬関から、上は77歳(当時)の仲代達矢さんまでそれぞれの大人論が展開されています。今回は本書からその一部をご紹介します。

「大人とは、子どもの想像の産物」(リリー・フランキー)

“大人”を語り尽くす 大人気CM「大人エレベーター」が書籍化! “大人”を語り尽くす 大人気CM「大人エレベーター」が書籍化!

 46階で妻夫木さんを待ち受けていたのは、リリー・フランキーさん(2010年のCM放送当時46歳)。作家業から俳優業までマルチな活躍をするリリーさんは、男性だけでなく、女性からの支持も高い。

 そんなリリーさんは大人を「子どもの想像の産物」、つまり「子どもがつくった『大人』っていう架空の生き物だ」と語ります。これには妻夫木さんも「あの頃思い描いていた通りの大人になろうとしたら相当ストレス溜まる」と納得。そこからリリーさんの大人論はどんどん深みを増します。

 リリーさんは「人にどう見られたいという自意識はどんどん薄くなる」と語り、それは大人とは想像の産物だと気づいた瞬間からうまれる感情かもしれないと言います。「大人にならなきゃ!」という強迫観念をもっているうちはまだまだ子ども。もしかしたら、そのことに気づくことが、「大人」への一歩なのかもしれません。

「生きるとは、恥をかく回数だよね」(高田純次)

 64階では、2011年のCM放送当時64歳だった岸部一徳さんと高田純次さんが登場。

 2人は30歳前後でそれぞれ大きな人生の転機を迎えたという点で共通しています。岸部さんは在籍していたザ・タイガースから脱退し、俳優に転身。一方の高田さんはジュエリーデザイナーをやめて劇団東京乾電池に合流。「30代の時って意外と揺れ動くものなのよね」(高田)「30代はお金なくても全然平気でしたよね」(岸部)と当時を振り返ります。

 そして、64歳になった今、「生きる」ことについてどう考えているのか。高田さんは「生きるとは、恥をかく回数」だと言い、「残り少ない人生でいくつ恥をかくか、どう乗り越えていくか、それだけのような気がする」と述べます。そして、その高田さんの言葉に呼応して、岸部さんも「だからこそ、ひとりではしんどいね。生きるためには誰かがやっぱり必要」と語り、人は助け合って生きているということを2人で再確認します。

「何年後にこれをやろうとか。先のことはあんまり考えないんだよね」(斉藤和義)

 人生は「こうなりたい」という目標を持ち、そこに辿りつけるようにマイルストーンを置いておくことが大事だというのは、成功するための半ば定石的な手段として知られていますが、2012年のCM放送当時45歳だった、ミュージシャンの斉藤和義さんから出てきたのは「先のことはあまり考えていない」という言葉です。

 浮いたり沈んだり、調子が良かったり悪かったりするのも「そういうもん」と思い、スケジュールも「1週間先くらいのことも見ないようにしている」という斉藤さん。「まあ、いっか」という楽天的な精神や、忘れっぽい性格だと自認している姿は、「斉藤さんらしいな」と思うかもしれません。

 目標を持つことは大事ですし、追いかけるものがあった方がいいというのも真ですが、自然体で生きること、起こったことを受け入れて忘れることも大切なことなのでしょう。

 本書から垣間見ることができるのは、各界で活躍している人たちの一人の大人としての姿。弱い部分、意外な本音まで、妻夫木さんの質問に対して素直に吐露します。

 どんな大人も弱さや不安、焦りを持っているものです。それは活躍している人たちも同じ。本書を読んでいくと、焦っていたり不安になっていたりする自分の心がスッと楽になるかもしれませんよ。

階数 出演者
54階 中村勘三郎&Char
77階 仲代達矢
44階 スガ シカオ
25階 白鵬
55階 佐野元春
64階 高田純次&岸部一徳
56階 竹中直人
46階 古田新太
47階 奥田民生
35階 中村俊輔
HALL リリー・フランキー、奥田民生、斉藤和義

※階数表示(年齢)はCM放送当時のもの。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる