ニュース
» 2014年08月08日 12時00分 UPDATE

まるで漫画家専用のコワーキングスペース――“描ける”漫喫「漫画空間」

東京・高円寺にある漫画を描くことができる漫画喫茶「漫画空間」に突撃取材。店長・深谷陽先生の作業風景も撮影させていただきました。必見です!

[宮澤諒,eBook USER]

 東京・高円寺に少し変わった漫画喫茶がある。

 一般的に漫画喫茶といえば、薄暗い店内、いろんなジャンルの漫画が置かれた本棚、ずらっと並んだ個室、といったイメージかもしれない。

 しかし、その漫画喫茶では何と、漫画を「読む」だけではなく「描く」こともできるのだという。『サイボーグ009』や『仮面ライダー』で知られる石ノ森章太郎先生も喫茶店で原稿を描いていたというが、まさか漫画を描くための喫茶店があるとは。店の名前は「漫画空間」というそうだ。

分かりやすい看板 分かりやすい看板

 さっそく高円寺までやってきた。目指す漫画空間は高円寺駅北側のバスロータリーを挟んだ向こう側、駅からでも見える距離にある。

扉、自動開閉やめたってよ 扉、自動開閉やめたってよ

 心の中で突っ込みを入れつつ店内に入ると、そこにはオシャレな空間が広がっていた。やはりここは記者の知る漫画喫茶とは違うようだ。

漫画喫茶らしからぬ明るい店内 漫画喫茶らしからぬ明るい店内
元はイタリアンの店だったらしい 元はイタリアンの店だったらしい

 店内には、アナログ用の席が15席、デジタル用の席が4席用意されていて、デジタル席では備え付けのデスクトップとワコムのペンタブレットを使って作業できるようになっている。すべてのPCに、デジタルでの漫画制作に欠かせないComicStudioCLIP STUDIO PAINTが入っているほか、Adobe Photoshopが1台、「ペイントツールSAI」が2台のPCにインストールされている。

rmfigmanga1-6.jpg

 手書きの人には、ペンや定規、消しゴムのほか、トーンカッターやミスノン(修正液)やトレース台などの無料貸し出しもしている(原稿やスクリーントーンは有料)。漫画空間は手ぶらで来ても漫画を描ける、漫画家専用のコワーキングスペースといった感じだ。

漫画を描くために必要なものは全て揃っている 漫画を描くために必要なものは全て揃っている
大型のコピー機も設置 大型のコピー機も設置


料金はこんな感じ 料金はこんな感じ

 漫画「喫茶」でもあるため、フードやドリンクの提供も行っている。ドリンクは、コーヒー、カフェオレ、紅茶、ジャスミンティーのほか、缶ジュースやペットボトル飲料もある。フードはカレーライス(500円)とスパゲティ(450円)の2種類。カレーのルーは、名古屋在住のスリランカ人が作っているとのこと。カシューナッツ、エビ、チキンの3種類から2種類を選択できる。スパゲティはナポリタンと明太子の2種類。


 漫画空間は2010年に名古屋の大須で誕生した。高円寺店は2号店(東京では1号店)。大須店では1万冊ほどの漫画を読むことができ、一般的な漫画喫茶の要素も持ち合わせているが、高円寺店には大小あわせて5つほどの棚しかなく、どちらかといえば作業スペースとしての色が強い。そんな高円寺店の特徴は、何といっても店長を務めるのがプロの漫画家だということだ。

 高円寺店では、Webコミックサイト「画楽ノ杜」で『ティガチャンティック〜三匹の妖怪少女〜』を連載中の深谷陽先生と、ComicStudioの開発にも携わっていたというアッコ先生、そして、『月刊少年ジャンプ』や『ヤングチャンピオン』などでの連載経験を持つ高岩ヨシヒロ先生の3人が日替わりで店長をしている。それぞれのシフトは、深谷先生が日・月・水・木曜日、アッコ先生が火・土曜日、高岩先生が金曜日。

 漫画空間では、3人の店長による漫画講座も開講している。各回定員4〜6人ほどで、ネームやデジタル、キャラクター、劇画風アクションなどを基礎からしっかりと学ぶことができる。

 深谷先生は店内に仕事場を持っていて、勤務日は店長として接客するかたわら漫画を描いている。深谷先生の生原稿も並んでいるので、ぜひ手に取って読んでみて欲しい。

没原稿(右)と本番の原稿(左)と単行本を見比べることも 没原稿(右)と本番の原稿(左)と単行本を見比べることも
『踊る島の昼と夜』美しい…… 『踊る島の昼と夜』美しい……
8月7日公開予定の『ティガチャンティック』最新話も読めたりする(画像は画楽ノ杜に掲載済みのもの) 8月7日公開予定の『ティガチャンティック』最新話も読めたりする(画像は画楽ノ杜に掲載済みのもの)

 プロの漫画家の仕事を目の前で見られる機会なんてめったにないこと。せっかくなので、深谷先生に作業しているところを見せていただいた。

電子書籍化するという『ざん斬り〜土方歳三伝〜』のカバーイラストを描いていただいた 電子書籍化するという『ざん斬り〜土方歳三伝〜』のカバーイラストを描いていただいた

 瞬く間に姿を現す登場キャラクターたち。さらさらと30分ほどで描き上げてしまった。こんな目の前でプロの仕事見ちゃっていいのだろうか……。これだけでもお金とれるんじゃなかろうかというゲスい考えが浮かぶ。

迷うことなく線を入れていく 迷うことなく線を入れていく
これがプロの仕事…… これがプロの仕事……

深谷先生ショートインタビュー

―― どういった経緯で店長になったんですか?

深谷先生 知り合いの漫画家さんからの紹介ですね。人柄で選んでいただいたそうです(笑)。

―― 声がかかった時はどう思いました?

深谷先生 仕事の時間が取れなくなるかなと思って悩んだんですけれど、最終的には「面白そう」という思いが勝ちましたね。それに今や店内で仕事できますからね(笑)。

―― 深谷先生が漫画家を志したのはいつごろですか?

深谷先生 大学を卒業してからですね。美術大学を卒業したのですが、もともとは特殊メイクに興味があったんです。でも、バリを旅行したときにある女性を好きになりまして……。彼女を漫画に描きたいと思ったのがきっかけですね。その辺りの話は、先日の『モーニング』に掲載してます(6月19日発売のモーニング29号掲載『楽園のスキマ』)。

―― 漫画を読みに来る人はいますか?

深谷先生 少ないですが、中にはいらっしゃいます。なので少しずつ漫画の数を増やしていきたいですね。

―― 描き方を教えることが多いと思いますが、逆に学ぶことはありますか?

深谷先生 ありますよ。自分が漫画を描く上で忘れていたことを思い出させてくれたりします。人に教えながら、自分にも教えるみたいな感じです。

―― もともと教えることがお好きなんですか?

深谷先生 専門学校で授業を持っているというのもありますが、何ていうんでしょう、「漫画はこういうものだ!」というような考えは持っていないんです。ただ、一人ひとりに対しては教えられることってあると思うんですよね。

―― 作業中にも関わらずありがとうございました!

1枚目のイラストを基に、もう一枚別の構図で描いていく 1枚目のイラストを基に、もう一枚別の構図で描いていく
キャラクターに命が吹き込まれていく キャラクターに命が吹き込まれていく
ラフの完成! 深谷先生ありがとうございました! ラフの完成! 深谷先生ありがとうございました!

漫画空間 高円寺店

営業時間:午前11時〜午後11時

住所:東京都杉並区高円寺北2丁目6-1 湘和ビル2階

TEL:03-5327-8167


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる