ニュース
» 2014年08月06日 12時26分 UPDATE

第11回「ミステリーズ! 新人賞」に浅ノ宮遼『消えた脳病変』

応募総数は592作品。選考の詳細については『ミステリーズ! vol.67』に掲載予定。

[宮澤諒,eBook USER]

 東京創元社は8月1日、第11回「ミステリーズ! 新人賞」の最終選考会を開催。新保博久・法月綸太郎・米澤穂信の3選考委員により、浅ノ宮遼さんの『消えた脳病変』が新人賞に選出された。応募総数は592作品。

 浅ノ宮さんは、第10回の同賞でも第1次選考を通過している。現在は医師をしているという。

 同賞は、推理小説を対象とした公募型の新人文学賞。過去の受賞作は、高井忍さんの『漂流巌流島』(第2回)、滝田務雄さんの『田舎の刑事の趣味とお仕事』(第3回)、梓崎優さんの『砂漠を走る船の道』(第5回)など。

『田舎の刑事の趣味とお仕事』(滝田務雄) 『田舎の刑事の趣味とお仕事』(滝田務雄)
『叫びと祈り』(梓崎優)巻頭に『砂漠を走る船の道』を掲載 『叫びと祈り』(梓崎優)巻頭に『砂漠を走る船の道』を掲載

 選考の詳細については、10月発売の『ミステリーズ! vol.67』に掲載予定。浅ノ宮さんには、正賞として懐中時計と、賞金30万円が贈られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる