ニュース
» 2014年07月31日 12時04分 UPDATE

「耳ざわりのいい音楽ですね」という言葉、実は失礼って知ってた?

自分のイメージを下げてしまう、間違った日本語。NHKの元アナウンサーであり、「ことばおじさん」の愛称で親しまれた梅津正樹氏の著書から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 コミュニケーションの悩みはなかなか尽きないものです。話題の選び方、笑顔の作り方、タイミングの図り方、空気を読む力……。気にしないといけないものがありすぎて、大変ですよね。

「耳ざわりのいい音楽ですね」という言葉、実は失礼って知ってた? 「耳ざわりのいい音楽ですね」という言葉、実は失礼って知ってた?

 もちろん、どれも大事なのですが、以上挙げた要素は、相手によって変わってくるので、一筋縄ではいかないものです。でも、言葉遣いなら、相手によらず自分が意識することで変えることができますし、憶えるだけでOKです。

 NHKの元アナウンサーで、「ことばおじさん」の愛称で親しまれた、話すエキスパートの梅津正樹氏が執筆した『知らずに使っている実は非常識な日本語』(アスコム刊)は、相手の気を悪くしない言葉遣いを、豊富な実例で紹介しています。

 本書では、多くの人が、ついつい使ってしまいがちな日本語を中心に取り上げています。

 例えば、演奏会に招待されて、演奏者に「耳ざわりのいい音楽ですね」と言ったとしましょう。実はこれ、褒め言葉にはならないのです。「みみざわり」は「耳障り」と書き、「聞いていて嫌な感じがすること」という意味になってしまうのです。この場合、「耳に心地よい」が正解です。

 また、表彰された時などに「皆さまに感動を与えるよう、これからも頑張り続けます」と言ったとしましょう。この言い方も、実はNGなのだそう。文法上は間違っていませんが、「与える」というのが失礼な言い方となります。「感動していただきたい」なら、無礼にあたりません。

 他にも「こだわりの一品です」と言ったとしましょう。「こだわる」の本来の意味は、「ちょっとしたことを必要以上に気にする」「難癖をつける」という否定的なものばかり。本当の意味を考えると、自己PRになるどころか、自らをイメージダウンに向かわせていることになります。

 もし、相手が怪訝そうな表情をしたり、不思議そうに思って変な間ができたりした際は、以上のような日本語を使ってしまっている可能性があります。

 言葉遣いだけで、損をする言い方をしないためにも、正しい日本語を身に付けてみませんか?

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる