ニュース
» 2014年07月28日 17時12分 UPDATE

電子書籍大賞2012受賞作『秘密屋』が実写映画化、「T-Drama」からリリース

E★エブリスタ主催の電子書籍大賞2012で「角川書店賞(ミステリー部門)」を受賞した小説『秘密屋』が実写映画化。TSUTAYA発のドラマレーベル「T-Drama」からリリースされる。

[eBook USER]
Photo 『秘密屋』が実写映画化

 エブリスタは7月28日、スマホ向け小説投稿サイト「E★エブリスタ」が主催した電子書籍大賞2012で「角川書店賞(ミステリー部門)」を受賞した小説『秘密屋』(永堀大介)の実写映画化を発表した。

 借金取りに追われながら毎日を過ごす主人公・川岸優雅が、人の秘密を売買する「秘密屋」と出会ったことで命がけの窮地に追い込まれるというストーリー。

 作品はTSUTAYA発のドラマレーベル「T-Drama」の第2弾作品として映像化(第1弾は8月16日リリースの『アラサーちゃん 無修正』)。監督は「鈴木先生」の橋本光ニ郎さん、脚本は「ライアーゲーム」の岡田道尚さんが担当する。出演は白石隼也さん、荒井敦史さん、鶴見辰吾さんなど。DVDレンタルは12月3日にスタート。取り扱いはTSUTAYAのみとなっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる