ニュース
» 2014年07月15日 11時01分 UPDATE

英語ペラペラになるための切り札とは?

英語での会話が上達するための切り札とは。書籍『中学英語で英語の雑談ができるようになる本』から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 英会話の本はたくさん持っているのだけど、なかなか上達しないという人は多いはずです。

 実は、英語の単語やフレーズを覚えるだけでは話せるようにはなりません。「どんなとき」に「何を話せばいいのか」ということを押さえておく必要があります。つまり、英語を話すときにも「雑談力」が求められているのです。

◯英会話力アップには「雑談力」を高めよう

英語ペラペラになるための切り札とは? 英語ペラペラになるための切り札とは?

 英語で雑談する、といっても難しくはありません。英語の本のベストセラー著者、デイビッド・セインさんによれば、英語の雑談も日本語の雑談も基本的に変わらないのだそうです。

 デイビッド・セインさんが執筆した『中学英語で英語の雑談ができるようになる本』(アスコム刊)には、英語の「雑談力」をアップするための基礎知識が詰まっています。英語の雑談の心得、850個以上の定番フレーズなど、読んだすぐから活用できる一冊となっています。では、どんなフレーズが紹介されているのでしょうか?

「昨日は熱帯夜でしたね」で英会話が弾む

 英語の雑談に使える定番フレーズは、どれも日本語の雑談で使っているものとあまり変わりません。しかも、使っている英語は中学英語レベルです。

 例えば、天気・天候の話題でよく使われるのは、次のようなフレーズです。

  • 「昨夜は熱帯夜でしたね」 It was hot and humid last night.
  • 「暑くて死にそうです」 This heat is killing me.
  • 「異常気象でしょうか?」 This isn’t normal, is it?

 どれも日本語でもよく使うフレーズですが、英語でもシンプルですよね。

車や電車の移動中に使える定番表現とは?

 続いて、車や電車で移動中に使う定番フレーズをご紹介しましょう。

  • 「ここは景色が素晴らしいですね」 The view is great.
  • 「富士山がきれいに見えますね」 This is a good view of Mt. Fuji.
  • 「この道はいつも渋滞しますよね」 This road is always busy.

英語の雑談も日本語の雑談も基本同じ

 このように、英語の雑談は、日本語の雑談と基本的には同じなのです。

 ぜひ、本書を参考に、実際の生活で英語の雑談フレーズを使ってみてください。きっと思いのほかカンタンに、ネイティブや外国人との会話が弾み、英語がペラペラ話せているはずですよ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる