ニュース
» 2014年07月10日 07時00分 UPDATE

「やる気が続かない……」を改善する3つのポイント

やる気が続かない勉強を継続するために必要な心構えとは? 勉強が嫌いだったにも関わらず、東大入試、司法試験と、難関試験を突破し続けた白川敬裕さんの著書から紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 社会人にとっても、学生にとっても、「勉強」というと苦しくて嫌なイメージがありますよね。

「やる気が続かない……」を改善する3つのポイント 「やる気が続かない……」を改善する3つのポイント

 しかし、学生は定期試験や入学受験、社会人は資格試験やキャリアアップと、勉強は何かと必要とされますから、最小の努力で欲しい結果を得るための勉強法は身につけておくべきスキルなのかもしれません。

 子どものころから勉強が嫌いだったにも関わらず、東大入試、司法試験と、難関試験を突破し続けた白川敬裕さんの著書、『本物の勉強法』(ダイヤモンド社/刊)には、勉強嫌いだったからこそ身につけることができた、「効率的に成果を出す勉強ノウハウ」が多く紹介されています。

 例えば、勉強嫌いにとって一番の難敵「やる気が出ない」「モチベーションが上がらない」という問題は、こんな風に対処するといいそうです。

三日坊主でも自分を責めない

 「気負い」は時に勉強へのモチベーションを奪います。

 真面目な人ほど「毎日何時間も勉強しないと成果が出ない」と自分を追い込んでしまいがち。すると、たった1日サボってしまっただけで、気持ちが切れてしまい、勉強の習慣が途切れてしまうことも。

 しかし、1日サボっただけでそれまで積み上げてきたものが無になるわけがありません。三日坊主で終わったとしても、また再開すればいいだけのこと。「毎日続けること」そのものにあまり価値を置きすぎない方が、勉強は長続きします。

「伸び悩み」をどう捉えるか?

 せっかく時間を掛けて勉強したのに成果が出ないのも、勉強を挫折する原因になります。努力した程には成績が上がらず、「もう自分はこれ以上伸びないのかもしれない」と不安や焦りに駆られた経験は誰もが持っているはずです。

 この「伸び悩み」をどう捉えるかで、勉強を続けられるかどうかが分かれます。

 「伸び悩み」を「自分の限界を知らせるサイン」と捉えてしまえば、それ以上勉強するモチベーションを保てないでしょうし、「停滞はさらなる成長の準備段階」だと思えれば、さらに勉強するやる気が湧いてくるはず。

 勉強を続けていれば、それまでの成果が一気に出て、急激に成長する時期が必ずやってきます。それまではイマイチ成果に結びつかなくても辛抱するのが大事です。

行き詰まったら「過去の苦労」を思い出せ

 それでも勉強に行き詰まって、にっちもさっちもいかなくなってしまったら、「これまでの人生で一番辛かった経験」を思い出してみましょう。

 誰にでも1つくらい、「こんな経験もう二度としたくない!」と思うような経験があるはずです。それを思い出すことで、行き詰まった現状を「あの時と比べたらまだマシだな」と思うことができます。そうなればしめたものです。

 やる気とモチベーションを絶やさずに勉強を続けることさえできれば、必ず成果は表れます。その成果をより効率的にたくさん出したいなら、本書で明かされている勉強法がきっと役に立ってくれるはず。

 上手に勉強して、よりよい人生を手に入れたいものですね。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる