ニュース
» 2014年07月03日 21時15分 UPDATE

東京国際ブックフェアリポート:第21回 東京国際ブックフェアを練り歩いた

7月2日から始まった「第18回 国際電子出版EXPO」と「第21回 東京国際ブックフェア」。ここでは、書籍や雑誌などを割引価格で購入できる後者の模様をお届けしよう。

[田中宏昌,ITmedia]

ブックフェア恒例の割引価格で雑誌や書籍が買える!!

 7月2日から東京ビッグサイトで始まった「第21回 東京国際ブックフェア」。日本最大規模の「本」に関する見本市である同フェアは、国内だけでなく世界各地の出版社が出展し、商談や宣伝、販売活動を行っている。

 多くのブースで書籍や雑誌が販売されており、その多くが20%オフで購入可能だった。中でも洋書バーゲンコーナーでは、さらに割り引いた価格で販売されているものが目立った。

 以下では、会場で目についたブースをまとめたが、いずれも7月3日時点での情報であり、割引率などを保証するものではない点に注意してほしい。

ht_v01.jpg 東京ビッグサイトで開催中の「第21回 東京国際ブックフェア」。
ht_bf01.jpg 「動く図鑑MOVE」を前面に押し出していた講談社ブース。センサースティックを使って動かすヴェロキラプトルが展示されていた
ht_bf02.jpg ワイド版東洋文庫や東洋文庫、別冊太陽などを20%オフで販売していた平凡社のブース
ht_bf03.jpg 妖怪萬画などさまざまな書籍を20%オフで販売していた青幻舎ブース
ht_bf04.jpg 今人舎のブースでは、1000円コーナーや700円コーナーなどを設置
ht_bf05.jpg 図鑑NEOシリーズをアピールしていた小学館。ブース内は20%オフセールが行われていた
ht_bf06.jpg 児童書共同ブースの「こどもアイランド」。さまざまな児童書が20%オフで購入できた
ht_bf07.jpg 「のらぼーず のらガール 全員集合!」のキャッチが目を引く農文教のブース。書籍(10%オフ)だけなく、農具の展示や「皇居のハチミツ」の販売なども行われていた
ht_bf08.jpg 辞典など全品20%オフを実施していた三修社ブース
ht_bf09.jpg 手塚プロダクションでは、購入者にミニコミ手塚治虫漫画全集(1冊に付き1点)や原画イラストを使用したしおり、イラストを全面にあしらった手提げ袋などを提供していた
ht_bf10.jpg 約15%オフを実施していたエイ出版のブース。昨年と同様、3冊以上購入した場合は特製バッグがプレゼントされていた
ht_bf11.jpg 集英社ブースでは、文庫を中心に20%オフセールが行われていた。ただし、写真集とコミックスは割引対象外だった
ht_bf12.jpg 2014年11月から刊行予定の「日本文学全集」を宣伝していた河出書房新社のブース。全品20%オフを実施していた
ht_bf13.jpg KADOKAWAブースでは、「艦これ」や「Walker47」コーナーが設置されていた。割引セールはなかったが、購入者にはレジでオリジナルグッズが配られていた
ht_bf14.jpg 洋書バーゲンコーナーでは、書籍だけでなくクラシックを中心としたCDやDVDなどもバーゲン価格で提供され、多くの人でにぎわっていた

 ちなみに、東京国際ブックフェアは7月5日(土)まで開催されており(国際電子出版EXPOは4日まで)、一般公開日は7月4日と5日だ。連日さまざまなイベントやセミナーが開かれているので、1度足を運んでみてはいかがだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる