ニュース
» 2014年06月25日 10時47分 UPDATE

累計300万部突破の『きめる!センター』シリーズ――全教科にWebアプリを付属

センター試験対策書『きめる!センター』シリーズに、書籍とデジタルコンテンツを融合させる「ハイブリッドブック」が採用。学習をサポートするWebアプリが付属する。

[eBook USER]

 ブックモールジャパンは6月24日、学研マーケティングのセンター試験対策書『きめる!センター』シリーズへ、ブックモールジャパンと日教販、エヌ・ティ・ティラーニングシステムズが共同提供する「ハイブリッドブック」が採用されたと発表。同日より販売も開始した。

 ハイブリットブックとは、書籍とデジタルコンテンツを融合させた仕組みのこと。書籍には、学習理解度の管理や各科目ドリルの管理などを行えるWebアプリが付属し、スマートフォンやPCから利用できる。

 今回対象となるのは「英語」「英語リスニングトレーニング」「世界史」「日本史」「地理」で、他教科は2014年中に順次刊行予定。価格は1350円〜1500円(税別)で、アプリは登録日から365日間利用可能。

Photo 『きめる!センター』シリーズ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる