特集
» 2014年06月20日 18時00分 UPDATE

電子書店完全ガイド2014:NTTソルマーレ「コミックシーモア」を徹底解剖する (1/4)

eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2014年度版の第1回目はNTTソルマーレの「コミックシーモア」を紹介する。

[鷹野 凌,eBook USER]

 書店で紙の本を買うのと異なり、電子書籍はサービスなので、どこの電子書店を利用するかによってその後の読書体験が大きく異なります。

 「電子書店完全ガイド」2014年度版は装いも新たに、主要電子書店を「ラインアップ」「探しやすさ」「買いやすさ」「保管しやすさ」「読みやすさ」の5項目について徹底解説します。各項目3点を平均とし、良い点は加点、悪い点は減点という形で評点を付けていきます。第1回目は今年で10周年を迎えるNTTソルマーレの「コミックシーモア」です。

NTTソルマーレの「コミックシーモア」 コミックシーモア

ココが「○」
・ブラウザビューワ対応で手軽に読める
・コミックが比較的多い
・レンタルや読み放題も選べる
・ポイント購入によるボーナスがお得
・パスコードロックで安心
ココが「×」
・コミック以外がやや少ない
・レンタルや読み放題に対応している本が少ない
・Android版の本棚アプリはGoogle Playに登録されておらず導入が面倒

本特集でのレビュー要素

  1. ラインアップ
  2. 本の探しやすさ
  3. 買いやすさ・保管しやすさ
  4. 読みやすさ・総括


ラインアップ

 コミックシーモアの総配信数は13万7546点で、タイトル数は7万7454点。「レンタル」対応は2万5558点、「読み放題フル」対応は8660点、「読み放題ライト」対応は2194点、出版社数は436社、レンタル対応は38社です(いずれも2014年6月20日時点)。

 サイト名に「コミック」が付く通り、従来のラインアップはコミック・コミック誌が中心で、過去に完全ガイドで紹介した電子書店の中では「ニコニコ静画(電子書籍)」と似た、ポップカルチャーの専門店でした。ところが、5月28日からラインアップが拡充され、文芸・ビジネス・実用書などの一般書籍も扱うようになりました。つまり、「eBookJapan」と同じように総合型電子書店へ向けて大きく舵を切ったことになります。

 総合型電子書店として捉えると、ラインアップが多いところは既に総配信数20万点を超えており、雑誌がないことなどを考えても、若干見劣りしてしまうのは否めません(☆-0.5)。また、大手出版社でコミックやラノベに強いKADOKAWA系の作品がほとんどない(メディアファクトリーがモバイルのみ・話単位で183シリーズだけ)のは気になるところですが、拡充へ向けて調整中とのことです。

 ジャンル別の配信数(シリーズ数)は、以下のとおりです。複数のジャンルに重複登録されているケースもあるので単純比較は難しいのですが、新たに拡充された一般書籍のみならず、従来の中心ラインアップであったコミックも、ニコニコ静画(電子書籍)やeBookJapanに比べると若干少ないのが現状です。

ジャンル シリーズ数
少年マンガ 1550
青年マンガ 4766
少女マンガ 3705
女性マンガ 3229
ボーイズラブ 4997
ボーイズラブ小説 5476
ティーンズラブ 3378
ティーンズラブ小説 1075
ガールズラブ 156
レディースコミック 833
グリム童話 165
ヤングレディース 7
ハーレクイン 2570
ハーレクイン小説 3671
ライトノベル 2147
恋愛・ロマンス小説 5131
オトナコミック 4789
一般小説 8733
文芸書籍 2814
ノンフィクション書籍 2339
サブカル・エンタメ書籍 1555
趣味・実用書籍 1670

評点:☆2.5

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる