ニュース
» 2014年06月16日 16時20分 UPDATE

楽天とBookLive!が参加――リアル書店で電子書籍が買える「BooCa」 4書店で提供開始

日本出版インフラセンターが行っているリアル書店の活性化に向けた取り組み「フューチャー・ブックストア・フォーラム」の一事業として、「BooCa」を使った電子書籍販売実証事業がスタートした。

[宮澤諒,eBook USER]
rmfig086-1.jpg 随時新刊を並べていき、約3000タイトルを販売する(場所:有隣堂 AKIBA店)

 日本出版インフラセンター(JPO)は6月16日、販売実証事業として、リアル書店で電子書籍の購入ができるサービス「BooCa」の提供を開始した。実施書店は、三省堂書店神保町本店(東京)、有隣堂ヨドバシ AKIBA店(東京)、豊川堂カルミア店(愛知)、本の学校今井ブックセンター(鳥取)の4店舗。期間は2014年11月21日まで。

rmfig086-2.jpgrmfig086-3.jpg BooCaオモテ面/ウラ面

 BooCaは、電子書店で作品をダウンロードするためのコードが記載されたコンテンツカードで、レジで購入することで使用できる。スマートフォンなど、QRコードを読み取ることのできるモバイルデバイスの場合は、カード上に記載されたQRコードを利用することで、より手軽にダウンロードすることができる。ダウンロードの有効期限は、購入日から6カ月。対象の電子書店は現在「BookLive!」と「楽天Koboイーブックストア」の2ストアのみだが、参加を希望する電子書店があれば、随時追加していくという。

rmfig086-4.jpg 有隣堂 常務取締役・松信健太郎氏

 この日、有隣堂 AKIBA店ではBooCaに関するトークセッションが行われ、植村八潮氏(専修大学教授)、松信健太郎氏(有隣堂 常務取締役)、舟木徹氏(楽天 上級執行役員)、淡野正氏(BookLive! 代表取締役)らが登壇。

 「今まで興味はあるが手を出したことのない人たちも、電子書籍を体験してほしい」と松信氏。店頭では電子書籍リーダー端末の販売も行い、必要な人は設定や疑問点について書店員のサポートを受けることもできる。量販店などと異なり、コンテンツにまで踏み込んだ質問にも対応できることが魅力だ。


rmfig086-5.jpg 店頭では、KoboやLideoなどの電子書籍リーダーも販売

 BooCaに関連したキャンペーンも実施していく。7月には講談社が刊行した書籍の電子版をBooCaで先行配信するほか、PHP研究所のボーンデジタルの書籍を販売予定。さらに、紙版と電子版のセット販売や、キャンペーン価格での販売も検討しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる