ニュース
» 2014年06月04日 11時39分 UPDATE

インディー著者差別、始まる

インディー著述家の差別は妄想ではなく、業界イベントで実際に起きはじめている。

[Michael Kozlowski,Good e-Reader Blog]
Good E-Reader
tnfigger001.jpg

 プロの作家と、セルフパブリッシングを選んだいわゆるインディー著述家の間には大きな違いがある。自分の著作物の売り上げだけで生活できる人は作家と呼べるだろう。作家であれば、サインしたり献本したりできる書籍を出しているものだ。インディー著述家の差別は妄想ではなく、業界イベントで実際に起きはじめている。

 3月にルイジアナ州ニューオリンズで開催されたブックフェア「RT Booklovers Convention」では、マリオットホテル内の2つのイベント会場に700人の作家が招かれた。広い方の会場は書籍出版の経験を持つ作家に、その半分ほどの広さとなる2つ目の会場はインディー著者にそれぞれ割り当てられた。

 なぜインディー著者は作家より狭い会場に追いやられたのだろうか? 理由は物理的なものだ。作家は自分の著書を会場でサインしたり販売するために大量に持ち込むことができた。一方、インディー著者のほとんどは物理的な本を持ち込めず、Amazon、Apple、Barnes & Noble、Koboで自著を販売させられた。自著を持ち込めたインディー著者もいたが、販売は委託させられた。

 こうした仕打ちにないがしろにされたと感じた多くのインディー著者はイベント主催者に対して抗議し、主催者側はインディー著者の会場もチェックするよう参加者に呼び掛けるアナウンスを行う事態にまで発展した。

 イベントに参加したある作家は次のように語った。「あんな告知をしなければならなかったことを考えれば、インディー著者があのような形で別会場に追いやられたことはさぞ不満だったろうと思う。別会場にはインディー著者だけでなく、大手出版社から紙の書籍より先に電子書籍を出版した作家もいたのだ」

 作家としてイベントに参加したコートニー・ミラン氏はこう話す。「返本可能な書籍の著者が“本物の作家”で、委託販売で自分の本を売っている著者は“作家志望者”と分類されているというもっぱらのうわさでした。これは主催者の公式な定義ではなく、ボランティアスタッフの誤解だと私は思いますが、このうわさはかなり広まっていました」

 マー・ラファティ氏はイベント会場で「私が手渡された参加者バッジには“作家”と表示されていましたが、“作家志望者”と書かれたバッジを付けた人もいた」ことに気づいたという。

 同イベントには、電子個人出版プラットフォームの米Smashwordsで作品を公開している著者も100人ほど参加していた。こうした著者は、誰も読まないかもしれない自分の著書を認めてもらいたいと強く望んでいる。彼らは、作家のサイン用テーブルの幅は1.8メートルなのにインディーズ著者のテーブルは90センチだと騒いだ。

 RT Booklovers Conventionは、自著を持つ本物の作家と自分の著書を委託販売したがっているインディー著者とを見事に区別した。出版物を出していない著述家を表す「作家志望者」という言葉はRT ConventionのWebサイトのいたるところで使われている。あとはAmazon、Barnes & Noble、Koboなどの電子書店もインディー専用コーナーを作ってくれるといいのだが。

Copyright© 2015 Good E-Reader. All rights reserved.

(翻訳責任について)
この記事はGood E-Readerとの合意の下でアイティメディアが翻訳したものです。翻訳責任はアイティメディアにあります。記事内容に関するお問い合わせは、アイティメディアまでお願いいたします。

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる