ニュース
» 2014年05月27日 18時30分 UPDATE

YouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO」、連載作家を決める投票がスタート

7月16日に創刊となる電通のYouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO」の連載作家4名が決定。残り1枠をかけた一般視聴者の投票によるオーディションも開催されている。

[eBook USER]

 電通は5月27日、YouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO(マンガポーロゼロ)」の連載作家4名を発表した。連載が決定したのは、『となりのヴァンパイアさん』(高畠りょうこ)、『会社の奴には絶対知られたくない』(若竹アビシ)、『どぶろくちゃん』(ポテチ太郎)、『てんびん薬局』(サイトウミチ)。大賞に選ばれた高畠さんには、賞金100万円が贈られる。

 MANGAPOLO ZEROは、動画共有サイト「YouTube」の公式チャンネル「MANGAPOLO」内で7月16日に創刊予定のYouTube史上初のマンガ雑誌。日本文芸社とともに実施した第1弾のオーディションでは、『キャプテン翼』などの作者・高橋陽一さん、『銀牙伝説WEEDオリオン』などの作者・高橋よしひろさん、『酒のほそ道』などの作者・ラズウェル細木さんが審査員を務めた。

 今回さらに、追加審査対象6作品から一般視聴者によって最後の1枠を決める投票が行われる。投票は、MANGAPOLO ZEROのサイトから連載してほしい作品を選び、Twitterでシェア、最も多くシェアされた作品が連載作品となる。投票期間は7月15日まで。

YouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO」 YouTubeマンガ雑誌「MANGAPOLO ZERO」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる