ニュース
» 2014年05月22日 12時57分 UPDATE

仕事中にできる「ながら」ストレッチ

健康になりたい、でも忙しい日々の中でなかなか運動の時間を作ることができない……。そんな方にぴったりな、「ながら」ストレッチを学べる書籍を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 健康的な体づくりには、ウォーキング・筋力トレーニング、ストレッチが良いとされている。

 しかし、日々の仕事や家事で疲れて、ウォーキングをしたり、スポーツジム通いは続かないという方は少なくないだろう。それならば、仕事や家事という日常生活の中で、無理なく健康を取り戻すのが自然で体にもいいはずだ。

仕事中にできる「ながら」ストレッチ 仕事中にできる「ながら」ストレッチ

 『首・肩・腰スッキリ!体調改善!簡単ながらストレッチ』(長野茂、萱沼文子/著、SBクリエイティブ/刊)は,寝ながら、歩きながらなど日常動作の中で、また家事や趣味の中に無理なく取り入れられる簡単ストレッチをはじめ、肩こり解消に効く「ながらストレッチ」を紹介する一冊。

 「日常ながら運動」とは、仕事、家事、通勤、生活活動そのものを、健康づくりに効果的なエアロビクス、筋トレ、ストレッチに変えてしまうこと。運動すると決めてやるのではなく、ながら運動で長く続けられる健康づくりをしようというのだ。

 年齢を重ね、中高年となると、多くの人は慢性的な運動不足で、首のこりや肩こり、腰痛など、どこかに体調不良を抱えているもの。長い期間、運動不足の生活を続け、体力が低下している人にとっては、まず「ながらストレッチ」から入るのがお勧めだ。

 肩こり、腰痛、ひざ痛は、むくみと冷えをとることによって改善される。そこで効果的なのが「かかとの上げ下げ&ストレッチ」。立って背筋を伸ばし、お腹をへこまし、足を少し広げてひざを真っすぐ伸ばす。両足一緒に1秒に1回のテンポでかかとの上げ下げを繰り返す。その後片足を一歩前に出し、つま先を立てて腰を後ろに引きながら、アキレス腱からふくらはぎをストレッチするというもの。

 ふくらはぎの筋肉は「第2の心臓」と呼ばれ、血液、リンパを末端から心臓に戻すポンプの役割を担っている。このストレッチで冷え、むくみが解消され、ひざ痛や転倒の予防にもなるという。

 運動は続けて習慣にすることが健康を維持することにつながる。ただ、いきなりジョキングや筋トレはきついし、続かなそうという人は「ながらストレッチ」を試してみてはどうだろう。テレビを見ながら、家事をしながらのながらストレッチは無理なく続けることができるはずだ。

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2016 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる