ニュース
» 2014年05月22日 12時45分 UPDATE

満足のゆくセックスをする3つの工夫

女性がセックスを楽しむには? さまざまな女性たちの、性の悩みへのアドバイスが書かれた一冊から満足するセックスをするための3つの工夫を紹介します。

[新刊JP]
新刊JP

 女性の皆さん、パートナーとのセックスに満足していますか?

 セックスを主体的にのびのびと楽しむためにはどうすればいいのでしょうか。

 『恋愛とセックスで幸せになる 官能女子養成講座』(アルテイシア/著、宋美玄/監修、メディアファクトリー/刊)は女性たちの性の悩みのためのアドバイスが書かれた一冊。

 ここでは本書から抜粋して、セックスを楽しみ、カレを満足させるための方法をご紹介します。

「セルフプレジャー」で自己開発をする

満足するセックスをするための3つの工夫 満足するセックスをするための3つの工夫

 究極のオーガズムに達する一番の方法、それは「セルフプレジャー」をすることだと著者はいいます。「セルフプレジャー」とはズバリ、「自慰」のこと。

 ラブグッズやセルフタッチングによってセルフプレジャーをすることで、体はオーガズムを感じやすい体にだんだんと変化していくのだそう。セックスは「イカされるんじゃなく、イク」ものだと著者。男性まかせで受け身な姿勢でセックスをするのではなく、日ごろから自己開発をしていくことが、セックスで気持ち良くなるための何よりのこつといえそうです。


やってほしいことを伝える工夫を

 性の営みで気持ち良くなるためには「指導力」も大切なのだと著者はいいます。「男ってAV観て勘違いしてるよね〜」とボヤくよりも、相手に正しい技術を伝えていくことが、気持ち良くなれる近道なのです。

 気をつけたいのが、要望の伝え方。「痛い」「それはイマイチ」といった言い方をするのではなく、セリフを工夫することが大切です。著者自身がよく使っているセリフとして挙げられているのが、「待って」というセリフ。

 間違った愛撫をされたときは「待って」とそっと相手の手に手を重ね、「あのね?」と優しく見つめ、「こうされると気持ちいい」と自分の手を動かして正しい愛撫のやり方を教えるのだそうです。

 この方法は視覚的にもエロティックなので、ぜひやってみてください。

「三種の神器」でセックスの満足度を高めよう

 カップルでセックスの満足度を高めるためには、ときには「三種の神器」の力を借りることが必要だと著者はいいます。

 三種の神器、1つめは「アダルトビデオ」です。性的なことを口に出して話し合いづらいというカップルでも、アダルトビデオを見ながらであれば、アダルトビデオの批判や感想という形で、本音を伝えあうことができるはずです。

 2つ目は「ローション」。ローションはもともと性交痛の改善という医療目的で生まれたもの。性交痛に悩んでいる人は、ローションを使うことでセックスの質が上がるはずです。

 3つ目は「ラブグッズ」です。忙しい現代人、オーガズムに達するまでセックスに時間をかけることができないこともあるでしょう。そんなときはラブグッズを使えば、時短でオーガズムに達することができるのです。

 女性がセックスに主体的になることは、今や決して珍しいことではありません。前記のアドバイスを参考に「官能女子」を目指してみませんか?

(新刊JP編集部)

Copyright(c) 2017 OTOBANK Inc. All Rights Reserved.

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる