ニュース
» 2014年05月16日 12時48分 UPDATE

「読みたい」を「読める」に――「Jコミで印刷できるってよHD」が正式スタート

2013年にβ版でテストされていた「Jコミで印刷できるってよ」が「Jコミで印刷できるってよHD」として正式にスタートする。

[宮澤諒,eBook USER]

 Jコミは5月16日、プリントオンデマンド(POD)サービス「Jコミで印刷できるってよHD」を正式にスタートさせた。

 同サービスは、単行本の1巻は出たけど2巻が出ない、そもそも1巻さえ出ない、などといった読者が読みたくても読めない作品を、PODにより紙の書籍として印刷し、読者の元に届けるというもの。サイズはB6版で、表紙はカラー、本文は全てモノクロとなっている。

Jコミで印刷できるってよHDと同じ仕様で作成された本 Jコミで印刷できるってよHDと同じ仕様で作成された本

 2013年11月3日から11月30日までは、β版によるテストが行われていたが、いよいよ本格的にスタートすることになる。対象となるのは、Jコミの「未単行本化作品」カテゴリ内の作品。ただし、希望が多ければカテゴリに入っていないJコミ掲載作品の印刷サービスも検討するという。

Jコミで印刷できるってよHDの特徴

  • 作者への印税は価格の50%(価格は印刷費+郵送費の2倍)で、Jコミの取り分はなし。
  • 手続き後、約1週間で手元に届く。
  • DRMフリーのPDF版が、購入手続き後30分以内に発行される。紙の本が届くまでは電子版で楽しんでもらう。
  • 作品によっては、裏表紙に作者のサイン(複製)が入る。
作品によっては裏表紙に作者のサイン(複製)も 作品によっては裏表紙に作者のサイン(複製)も

β版からの改善点

  • 解像度300dpiのデータを使用し、β版の倍以上の画質を実現することが可能に。
  • 背表紙にタイトルと作者名が入るようになった(ただし、製本方法で「ホッチキス綴じ」を選択した場合を除く)。
  • 紙の種類と厚さを変更し、より読みやすくなった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ITmedia Book Club会員登録がまだの方はこちら

電子書籍/紙を問わず、読書を愛する皆さまに向け、特別な情報提供、書籍の献本、著者や業界関係者との懇親会、執筆活動を検討されている方へのサポートなどを順次提供し、皆さまの読書を強力にバックアップします。

コンテンツパートナー

新刊JP
ラノコミ.com
hon.jp
新文化通信社
Good E-Reader Blog
ぶくまる